• このエントリーをはてなブックマークに追加

「ルンバで掃除レポート」うちでは大活躍のルンバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月初めに「ついに「ルンバ」が到着!・・・そしてうちの猫が?!」を書いてから約3週間、ちゃんとルンバのレビューをしていなかったので改めて書いてみようかと。(ルンバ527)

自動で掃除してくれるルンバですが、うちではこんな使い方をしています。

「1階を掃除している間に2階をルンバにお任せ」か「くつろぎながら、掃除はルンバにお任せ」って感じです。

基本自動なので、使い勝手は非常に良いですね!

使っている間に色々気付いたことなどあるのでまとめてみます。

※相変わらずうちのネコは、ルンバに追い詰められていますが(笑

▼スポンサーリンク

■床だけでなくカーペットもお任せ

フローリングでその力を発揮するルンバですが、カーペットも掃除が可能です。

カーペットがある程度伸びていれば(たるんでいなければ)難なく進みますので放っておいても大丈夫だと思います。

人もネコもよく使うカーペットなので、見えにくいゴミも多くルンバを走らせておくことをお勧めします。

注意としては、毛足が長いカーペットではもしかしたらカラマッテしまう可能性があるので要注意です。

また、カーペットとフローリングの境目で、たまにつかかってしまうのでご注意ください。

■ソファーの下も掃除してくれる

ルンバの厚さは「9.2cm」です。

その薄さで、ソファーの下まで掃除が可能です。

ソファーの下に溜るゴミは、大きなゴミというよりはホコリが多いのでルンバを走らせて完了です。

注意点としては、ソファーの高さがギリギリな場合は、途中で詰まってしまい行き倒れることがあります。

変な音が鳴った時には救出してあげましょう!

■壁や階段を感知してスピードを制御するので安心!

ルンバは壁や段差を感じて自動で制御してくれます。なので、2階で一人で走らせていても階段から落ちることはありません。

今のところ落ちていません!

が、使い方によっては落下することもあるので要注意です!

ルンバの仕組みですが、「先頭部がボタンになっていて、ぶつかるとそのボタンが押され方向が変わる」仕組みです。

さらに、先頭部分の「黒いパネル」が壁を察知して、壁が近づくとスピードを落とし優しく壁にぶつかるようになっています。なんてハイテクw

で、最近気が付いたのですが・・・

このセンサーは「黒い対象物」に対しては、感知しにくいのでは?」と考えています。

寝室を掃除している時、激しくルンバがぶつかる音がしたので見てみると・・・なんと黒いベッドに何回も激突していました。

黒い家具が多いご自宅の場合には、ちょっと要注意してみてください。

■見えないだけで、家にはたくさんのゴミが存在する

そして掃除が完了。

ルンバは、ゴミを大量にはためておくことができないので1回掃除をしたら必ずゴミ処理をしましょう。

さすがに回収したゴミの量はお見せしないですが、予想以上に取れますよ?!

1回でこんなにとれるとは。。。

主にホコリや髪の毛のような軽いゴミがメインです。

あ、あとネコの食べこぼしたご飯なんかも回収可能ですね。

ぱっと見はこんな感じ。実は中には・・・

というわけで、大活躍なルンバでした!

このルンバは、一番安いやつなので「自動掃除機能」がメインになります。

それでこれだけ便利なので、上位ランクのルンバはもっと便利でしょう!

勝手に掃除して、勝手に充電して・・・世の中便利になったもんだ~。

関連ブログ

ついに「ルンバ」が到着!・・・そしてうちの猫が?!

あ、ルンバの公式ブログのβ版がありますね!一応紹介。(WordPress使ってる)

ルンバ 公式ブログ β版

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. […] 「ルンバで掃除レポート」うちでは大活躍のルンバ […]

  2. […] w)ちなみに、ベッドのサイズもちょうど良くベッド下を、うちのルンバも走り抜けることができます。これで掃除の手間も1つ楽になりました。(「ルンバで掃除レポート」はこちら) […]

  3. […] w)ちなみに、ベッドのサイズもちょうど良くベッド下を、うちのルンバも走り抜けることができます。これで掃除の手間も1つ楽になりました。(「ルンバで掃除レポート」はこちら) […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。