アントルメグラッセ・生グラス(生アイス)の専門店「GLACIEL(グラッシェル)」のテントウムシアイスケーキ

娘の誕生日に母が用意したケーキがなんともオシャレ。

表参道にあるアントルメグラッセ・生グラス(生アイス)の専門店「GLACIEL(グラッシェル)」というお店のアイスケーキを用意してくれました。グラッシェルとは、アイス職人の意味の「グラシエ」、アイスの「グラス」、空の「シエル」から造られた名前とのこと。

見た目は可愛いテントウムシのアイスケーキ。子ども用のケーキだから味は・・・と思っていたら、美味しすぎるよ。

正式名称は「コクシネル」という名前らしい。

GLACIEL(グラッシェル)テントウムシのアイスケーキ

見た目が子ども用に見えても、そこはやはりプロの技。木いちごとイチゴのシャーベットが子どもにも大人気のアイスケーキでした。

テントウムシをかたどったアントルメグラッセ。バニラアイス、木いちごとイチゴのシャーベット、イチゴのジュレ、アーモンド生地の組み合わせ。表面にベリーの赤いソースをかけ飾りつけをしチョコレートのお花を飾り付け。(ホームページより)

GLACIEL(グラッシェル)テントウムシのアイスケーキ2

それにしても、写真をとるようになってから何でも被写体になると思っていましたが、ケーキって意外と撮影が難しい・・・。

■撮影しているカメラとレンズはこちら

ページ上部へ戻る