雨が降った後は雰囲気が変わるから好き。

理想は「雨が止んで、太陽の光が差し込んでいるくらい」の時。土も葉も水っぽさが残っている時に太陽の光が差し込むと、良い雰囲気になるんですよねぇ。

残念ながら、この日は太陽が顔を出すことはありませんでしたが、雫が綺麗だったので撮影。

こういうのを撮影するには、マクロレンズが最適なんだろうなぁ。30mmのレンズで近づけるだけ近づき撮影し、トリミングしました。

IMG_9571

また、緑の葉っぱだらけのところに咲いていた1輪の花を見つけたので撮影。こちらは、あまり水っぽさは感じませんが、水っぽさを追った結果ここにたどり着いたのでOKとしました。

花の部分以外をセピアに加工してみましたが、こういう写真もおもしろいな。

ワンポイント

加工前の写真がこちら。この写真もカメラの中で「油彩風」に加工しています。

EOS Kiss X7の油彩風加工は、コントラストを強めにしてくれるのが特徴。この日は太陽光が少なかったこともあり、全体的に明るさが足りない写真になってしまったので、この加工をしてみた次第です。

IMG_9569

ふと思ったんですが、豪雨の中一眼レフで撮影することってできるのかな?できるのなら1度くらい試してみたい!

■撮影しているカメラとレンズはこちら

ページ上部へ戻る