ピントがずれていた事が判明!シグマ社から点検と修理が完了し愛機が戻ってきました。

「なんかピントが合っていないような気がする」というレポートを書いてから1週間とちょっと。シグマ社に点検依頼をだし、無事点検と修理を終え手元に帰ってきました。

「工場から配送しました」というメールが来ていたのですが、工場から直送ということでメールの段階では「どこを修理・調整したのか」というのは未知。

届いたカメラと一緒に入っている控えを確認してみましたのでご報告。

シグマから修理完了のお知らせ

それにしても、ちゃんと梱包・包装してくれているのはさすがですねぇ。しかも、キヤノン製のカメラにはシグマのロゴ入りの袋ではなく透明の袋を使用!

さらに、送った際には気にしていなかったカメラ本体のモニター部分、ファインダー部分に緩衝剤が。

細かい部分ですが、こういう部分はさすがとしか言いようがないですな。

シグマ点検完了2

さて、肝心の内容ですが今回の場合は「前ピン」ということが発覚しました。(下の写真が見えにくい方のために念のため書き出します)

シグマ点検完了3

  • 不具合箇所現象:合焦性確認検査(前ピン)
  • 処置内容:AFの合焦性確認検査及びAFデータの最適化調整を致しました。
  • ご連絡事項:検査の結果、前ピン傾向を確認致しましたのでAFの最適化を行いました。

前ピンは、ピントが被写体に合っていなくて被写体の前にズレていることでいいのかな?

今回の点検の結果を受けると、ずれの度合いはわかりませんがやはり「ピントが合っていない気がする」というのは気のせいではないことがわかりましたよ・・・!

これですっきりした気持ちで撮影に臨めそうです。

【関連記事】

愛用しているEOS Kiss X7が壊れてる?!症状と検証方法をまとめてみた。

シグマのカスタマーサポートに連絡をしてレンズを点検してもらうまでの流れについて

ページ上部へ戻る