9~10か月くらいの子供の「後追いについて」のメモ

のちパパです。今日は、こどもちゃれんじベビーを読んでいて「後追い」について気になったコメントがあったのでメモしておきます。うちの子も「後追い」をするようになったなぁと感じた時には、「最近、少し離れただけで泣き叫んでない?!なぜそんなに泣くの?!」とびっくりしました。。。体調が悪いのかと思いましたよ。。。

■「愛着」と「不安」を感じるようになる時期

後追いは、ママ、パパへの愛着がしっかりと育っている証拠とのことです。きっとこのころには、以前よりも自己主張が激しくなったり、「嫌なものは嫌!!」みたく頑なに拒否して見せたり。感情が少しずつ育ってきているんですね。だからこそ、離れてしまうと不安を感じるということかぁ。

■もう2度と会えないんじゃないか?!?!?!

と、感じてしまうようです。そりゃ~不安で泣き叫ぶわけです。この時期は、「姿が見えなくてもまた戻ってくる」というイメージが持てないため、待てる時間はまだまだ短いようです。

■「後追い」しはじめた赤ちゃんに、両親ができること

  • 「安心感」を持ってもらうこと

離れた場所に移動する際には、できるだけ声をかけ続けてあげることがよいそうです。そばにいることをちゃんと確認できるようにしてあげることで、少しずつ慣れてくるみたいです。

  • 集中させて、いつのまにかひとり立ち

お気に入りのおもちゃなど、赤ちゃんが集中できるものがあれば一人で遊ばせてみて時折声をかけてあげる、という繰り返しで練習になるようです。これで、1度見えなくなってもまた戻ってくる、というイメージが作られていきます。

■無理強いはだめ

これは要注意みたいです。練習とはいえ、無理強いさせてしまうと赤ちゃんに負担をかけてしまうようです。(もう2度と会えないんじゃないか?!?!?!って思ってるくらいですからね。。。)少しずつ慣らしてあげてくださいな。

ページ上部へ戻る