100%天然原料!木製品をしっとりとした艶で保つ「蜜ろうワックス」を使ってみたよ!

蜜ろうワックス

子どもが小さいと、なんでも口にしてしまうので色々なアイテムに気を配ることも多いと思います。

それは、子どものおもちゃはもちろん、家具や食器類まで気に出し始めたらきりがありません・・・!

特に木製品は使えば使うほど個性が出ますし、「私が昔使っていたアイテム!」なんてのも良い思い出になりそうですよね。

そこで、木部の保護と艶を保ってくれる100%天然原料の「蜜ろうワックス」のご紹介です!

※本商品は、株式会社モリエンさんにご提供いただきました!

国産の天然原料2種類で作ったから安心安全!

蜜ろうワックス2

この蜜ろうワックスは、はちみつがミツバチの体内で変化したロウ物質と、えごま(シソ科の植物)からできた植物油の2種類でできているそうです。

木部の保護、艶出し、撥水効果、さらに添加物を一切含まないということで、子どものおもちゃなどに使っても問題ないんだとか!

撥水効果のおかげで、赤ちゃんのよだれ汚れもサッとふき取ることができます。

蜜ろうワックス3

この蜜ろうワックスは、室内の木製品(木のおもちゃ、床の間、床柱、家具など)に使えますので、日曜大工大好きなお父さんにはピッタリかと。子どもに木の椅子とか作ってあげてください・・・!

使い方ですが、下準備が重要ですね!

対象の木製品の表面の汚れを落とし、木部のざらつきが気になる場合には紙やすりなどで整えていきます。

蜜ろうワックス4

次に、乾いた布などで蜜ろうワックスを塗っていきます。

特徴としては「表面に塗る」だけではなく「木の中まで浸透させることでより長持ち!」という部分ですね!

1度塗ると、ロウ分が木に浸透し1週間程度で艶がなくなるそうです。繰り返し塗り、ワックスが木全体にいきわたっているほど、木部を保護し、きれいな艶を保ってくれるとのことです!

塗り替え時期の目安は、撥水効果がなくなったころ。

木製品の様に、長く使いたいアイテムだからこそ、手入れについても考えてみるのがよさそうですね!

気になる方はぜひチェックを!

ページ上部へ戻る