【子連れ旅行】東武ワールドスクウェアを子どもと一緒に大人も楽しむための3つのポイント!

東武ワールドスクウェア_i

子どもと二人で鬼怒川温泉の旅に出て2日目。

世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現した世界建築博物館「東武ワールドスクウェア」に行ってきました!

小学生の修学旅行以来となったこの場所は、大人になってからまた一つ楽しみ方を覚えたような気がします・・・!

世界文化遺産に登録されている46物件を含め、21ヶ国102点の建造物を再現しているんですが、これが本当にすごいんですよ。

必須アイテムはカメラです!

ちょっと遠回りな東武ワールドスクウェアへの行き方!

小佐越駅

電車の場合、最寄駅は小佐越駅(無人駅)という鬼怒川温泉駅の1つ隣の駅になります。

最寄駅とはいえ、駅からは徒歩15分もかかるので使っている方はほとんどいないようですが、あえて電車で来る楽しさはあると思います!

子連れ旅行であったものの、私自身はカメラを楽しめる旅でもあったので、帰りだけ電車を使わせてもらいました。

(東武ワールドスクウェアから小佐越駅までの徒歩15分間を抱っこするという条件で・・・。)

DSC08736

DSC08738

さて、今回は宿泊先が「きぬ川ホテル三日月」だったので、行きは鬼怒川温泉駅からでている日光江戸村循環バス(東武ワールドスクウェア経由)で向かいました!

バスは、チケット売り場の前まで行ってくれますのでとっても便利です。

荷物についてですが、大きな荷物をもってバスに乗るのは不便なので、鬼怒川温泉駅のロッカー、または宿泊施設のクロークを使うのがお勧めですね!

東武ワールドスクウェア

カメラやスマートフォンの充電は十分ですか?

屋根がほぼないので日焼け止め、帽子の準備は万全ですか?

さぁ、中に入っていきましょう!

>>楽しみ方(1):25分の1のスケールを楽しむ!<<

固定ページ:

1

2 3 4
ページ上部へ戻る