登園時に「僕の友達を頼んだよ・・・!」と子どもに持たされた彼について。

保育園に子どもを送りに行くときには「何かを一緒に持っていくケースが多い」という話ももう3回目となりました。

1回目は「これ使って!と子どもに持たされたアイテム7選」、2回目は「必要になったら使って・・・!と子どもに持たされたアイテム」だったかと思います。

そして、3回目はお友達の彼をご紹介しようと思います。

下の子は、最近寝る時になると何人か友達を連れてきて寝ることが増えたんですが、この日はなんと保育園に連れて行きたいと言い出したのです。

まぁ、1人なら・・・と思ったら、子どもに大人気の某トラの彼まで連れて行くといったので、どちらか選んでもらい登園することに。

ぱんだ

もちろん、保育園には彼はもちろん玩具のようなものは持っていけませんので、園の入口で私が受け取る流れになっています。

過去、子ども用のサングラスをわたされたり、ペットボトルにビーズが入っているガシャガシャ鳴るものをわたされたり、変身グッズをわたされたり。そして、いつもの決まり文句は「何かあったら使ってね!」の一言。

自分はもういいんだ、あとはパパが使ってくれよ。

というくらいの感じで、わたしてくれます。

しかしこの日は違いました。

「大切なお友達だから絶対に忘れないでほしい」

「大切にしてほしい」

これだけの想いを彼に感じていたとは・・・。幸いにも、彼の中身の大半は綿でできているので、バッグに入れてしまっても軽い。

しかしながら大きい。

ギュってつめればバッグの口も閉めることはできますが大切にと言われた手前・・・、ということで顔だけ出してみました。

ぱんだいんばっぐ

オフィスに到着。さて、彼をバッグに入れておくのも何か悪い気がしてしまったので、一応デスクに出しておきました。

「忘れないように持って帰ってきて」

そういわれているので、忘れずに持って帰りたいと思います。

ぱんだいんおふぃす

本日は、電話近くにパンダがいるため、電話に出れないこともあるかとおもいますが、何卒ご容赦ください。

【関連記事】

  1. 登園時に「これ使って!」と子どもに持たされたアイテム7選
  2. 登園時に「必要になったら使って・・・!」と子どもに持たされたアイテム。
ページ上部へ戻る