セキスイハイムコラム第2弾「子供を可愛く撮影するために」が掲載されました!

今月もセキスイハイムライフスタイルナビにてコラムを掲載させていただきました!

今回は、「子どもを少しだけ可愛く撮影するために」をテーマに、撮影する技術ではなくパパ・ママの考え方について書いています。

思い出を残すための撮影なのか、作品を残すための撮影なのか。重要なポイントです。

・ライフスタイルナビコラム

http://www.sekisuiheim.com/spcontent/lifestylenavi/column57/

私は、カメラの仕組みや撮影技術などはまったくと言ってよいほど無知だと思いますが、作品を撮影しないのであれば撮影する側のパパ・ママの気持ちが重要なんですよね。

カメラの良いところはその瞬間を絵として残せることなんですが、紐づく思い出は人がしまっておくものだったりするので、写真をきっかけにその瞬間の出来事を思い出すことができる、というのが魅力ですよね!

写真を「絵」としてだけみるのか、そうではないのかで見え方が変わってくるかもしれません。

コラムのご紹介でした!

■第1弾はこちら

https://nochineta.net/archives/12364

■Co-NAVI(子ナビ)より皆さんへ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

子ナビでは、Facebookページ、Twitterでも発信していますのでよろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いいたします!また、ご意見ご感想などについてはブログコメント欄をはじめTwitter、Facebookよりご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします!

 

最新レポートを1日1回メールでお知らせします!
メールアドレスを入力してください:
※配信: GoogleのFeedBurnerを利用しています。
ページ上部へ戻る