• このエントリーをはてなブックマークに追加

ビストロ・ヴァンテオが渋谷でサクッと飲みたいときにおすすめ!ワインと食事を堪能できるよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷でサクッと飲みたいときにおすすめだよ!ということで井の頭線渋谷駅方面にある「ビストロ・ヴァンテオ」を紹介してもらいました!

ワインを中心にさまざまなメニューがあるわけなんですが、実はハウスワインがおいしいんだって。ワインに合う料理ももちろん食べることができるので、楽しんできましたよ。

このお店では、ワインは常時100種類程度用意していて、スタッフに声をかければお好みのワインを選んでくれるとのこと。

また、シェフも、スタッフもワイン好きなので、メニューに載ってないワインも存在するんだとか!これはずごい。

ビストロ・ヴァンテオ

「ワイン=シャレすぎたお店」のイメージは最近減ってきたのかな?カジュアルにワインが飲めるというのはありだなと思いました!ワインをあまり飲まない自分としても、飲みやすい環境というか。

とはいえ、そこはサラリーマン。乾杯はビールですよねぇ(笑)

余談ではありますが、最近プレモルにハマっています・・・。こんなにおいしかったっけ?!乾杯のプレモルは最高でした。

ビストロヴァンテオ_プレミアムモルツ

ワインは少し冷えている白ワインと、常温の赤ワインがありました。

「何でもキンキンに冷えたほうがおいしいじゃないの?!」と初歩的な考えを持っていましたが、全然違うんですねぇ。赤ワインってこんなに濃厚な味わいだったっけか・・・。お洒落なものは飲みなれていないわけで。

ビストロヴァンテオ_白ワイン ビストロヴァンテオ_赤ワイン

とりあえず、私が個人的に大好きな「アンチョビオリーブ」を注文!オリーブって苦手な人も多いみたいですが、私はひたすら食べられますね。

このオリーブがワインに合うんですよねぇ。ビールと違って、ワインをハイスピードで飲む人は少ないと思いますので、そんな方にはこのオリーブはお勧めですよ。

ビストロヴァンテオ_アンチョビオリーブ

そしてこちらが豚肉のリエットというもの。パテ?と思ってスタッフさんに聞いてみたところ、違う、とのこと。

ウィキペディアによれば・・・

リエット(Rillettes)は、パテに似たフランスの肉料理である。豚のバラ肉や肩肉を角切りまたはみじん切りにし、強めに塩を振って、脂肪(ラード)の中で簡単にほぐれるまで弱火でゆっくりと加熱し、脂肪分がペースト状になるまで冷やしたもの。

ということらしい。味は決して濃いわけではないので、私的にはもう少し味を足したかったなぁ。足すとしたら何がお勧めなんだろう?

ビストロヴァンテオ_豚肉のリエット

ビストロヴァンテオ_豚肉のリエット2

そして、地味ながらも王道と言える粗挽きソーセージ!これくらいの太さがあると、肉肉しさがあって本当においしかったです!

お店によっては、オリジナルのソーセージ?みたいなものも聞いたことあるですよねぇ。ハーブ入りとか色々なソーセージが楽しめるお店があってもよいなぁ。このお店では、シンプルなソーセージが食べられますので、おつまみにどうぞ!

酸味のあるマスタードを多めが個人的におすすめ。

ビストロヴァンテオ_粗挽きソーセージ

こちらは、ホワイトアスパラとモッツァレラチーズのソテー(アンチョビバターソース)です。アスパラ好きとしてはこのメニューは外せませんね。

ホワイトアスパラとチーズって個人的には意外な組み合わせでしたが、絶品ソースと合わせて最高の味わいに。太さもあるので、食感がとてもよかったです。

アスパラとチーズによーくソースをからめて食べてみてください!病み付きになりますよ!

ただし、アスパラ2本1皿で980円!

ビストロヴァンテオ_ホワイトアスパラとモッツァレラのソテー

最後のシメに注文したのがニョッキ。濃厚ソースのもちもちニョッキがワインにこんなにも合うとはね。

お腹にもたまるし、よいシメとなりました!

ビストロヴァンテオ_ニョッキ

■ビストロ・ヴァンテオはここ!

場所は、京王井の頭線渋谷駅の西口より徒歩1分の場所にあります。マークシティの横の坂を上っていく感じですね。

ワインと料理をサクッと楽しみたい方は、ぜひ行ってみてください!

※地図をぐるなびより拝借。クリックするとぐるなびにとびます。

http://r.gnavi.co.jp/a591502/map/

ビストロ・ヴァンテオの地図

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。