• このエントリーをはてなブックマークに追加

親知らずの抜歯にビビっている人がいたら少しでも参考にしてほしいことまとめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「親知らずを抜く」と聞くとかなりドキドキしてしまうわけなんですが、やはり「痛い」「腫れる」というイメージが非常に強いですよね。私も親知らずが虫歯なんじゃないか?!と思い抜歯を覚悟して歯医者へ・・・。

流れが何もわからなかったので余計にビビってしまう親知らずの抜歯。そんなあなたへ微力ながら情報をお届けしたいと思います。

▼スポンサーリンク

■まずは現状を把握するところから

まず重要なのは「親知らずが痛むか」ということ。既に痛みを感じる場合は、何かしら歯に起こっていますのですぐに歯医者に行った方がよさそうです。

また、鏡などで歯を見て「黒い?!」と思ったらこれも要注意ですね。ただこの場合、すでに治療済みの歯の「詰め物」が酸化して黒くなることがあるようです。まぁ、どちらにせよ歯医者で見てもらったほうが良いでしょう。

私の歯の状態としては「親知らずに痛みはない。ただ、明らかに黒い部分があったので相談してみた」という感じです。

注意:あくまで私が通っている歯医者のお話ですので、当てはまらないこともあります。詳細は、必ず歯医者に相談してください。

■安心の一言!「いきなり抜歯は少ないです」

歯医者に相談しに行ったつもりが、いきなり「抜きましょう!」と言われても決心が・・・なんて人も多いかと思いますが、実際のところ抜歯に至るまでに確認するポイントはいくつかあるようです。

  • 抜歯すべき歯なのか診断/検討がある
  • 抜歯することになっても事前治療があるケースもある
  • 影響がないのであれば抜歯しなくてもよい

基本的には、抜くことがベスト、という事ではない可能性があるわけです。抜歯を勧められる際の最大のポイントは「既に虫歯が進行していて痛みが伴ってしまっている」や「他の歯に悪影響を与えている(与える可能性がある)」「そもそも歯並びに影響してしまっている」の3点。

例外的には、そもそも親知らずは歯をしっかり磨いている人でも虫歯になりやすい歯という事もあり、予防策として抜歯される方もいるようです。

■抜歯に伴う痛みとそのタイミングについて

担当の方がかなり丁寧に教えてくれましたので、まとめてみました。

現在の治療では、抜歯する際には麻酔をかけますので痛みはほとんどないそうです。さらに、麻酔をするための麻酔などもあるので治療中はほとんど痛みを感じません。(とはいえ、個人差はあり)

また、次に痛みを伴うタイミングが「抜歯後」の麻酔が切れたとき。ただ、痛みが生じる方と生じない方がいてここも個人差があるようですが、この「抜歯後の痛み」については「痛み止めの薬」を飲むことで安定するらしいです。

その後は、化膿しないように消毒したり経過を見ていきますので何回か通院となります。

■抜歯が決まった時の流れについて

これも歯医者によって流れが違う可能性がありますのでご参考までに。

まずは、治療後の腫れを最小限にするために抗生物質の術前投与分をもらう場合が多いとのこと。「前日に飲んでね!」というものではないらしく、数日間分あるようです。

抜歯自体の時間は、麻酔が十分に効いてから行うことも考慮して約30分程度。抜きやすい場合と抜きにくい場合があるようなので、前後することもあります。

また、特に下の歯の場合にはしっかりと生えている(?)事が多いので、時間がかかることが多いんだとか。

抜いてしまった後は、経過を見ながら消毒などの処置をしていきます。

■気になるお値段は・・・

抜歯に関する費用ですが、親知らずの形態にもよって費用が異なるようです。埋まっている歯の場合、3千円前後、そうでない場合は2千円くらいかかるとのこと。とはいえ、保険の有無や治療(処置)の内容によって変わってきますので、必ず歯医者に直接確認してくださいませ

■私の親知らずの末路は・・・

親知らず自体は、現段階では「抜かなくても大丈夫」という結果でした。が、他の歯で治療すべき歯が見つかったためその治療に専念しています・・・。

歯医者は、何かのきっかけがないと行くことがないので、この機会の色々見てもらっておこうと思います。

皆さんも、毎日の歯磨きで予防しましょうね。

■のちネタより皆さんへ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

ご意見ご感想などについてはブログコメント欄をはじめTwitter、Facebookよりご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします!

Twitter:@nochi5

Facebook:http://www.facebook.com/nochineta

また、パパ目線の育児や子供服など「子どもに関わるレポート」を書いている「Co-NAVI(子ナビ)」も運営中です!

お子さんがいる方はもちろん、何かご参考になるレポートがあれば幸いです!

子どものための情報サイト「子ナビ」

子どものための情報サイト「子ナビ」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。