• このエントリーをはてなブックマークに追加

【チョコメモ】文豪ゲーテの作品に登場するヒロイン「シャルロッテ(CHARLOTTE)」の名を持つチョコレート。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の生チョコレートシャルロッテ

生クリームにこだわって仕上げた本格生チョコ「冬の生チョコレート CHARLOTTE(シャルロッテ)」にラムキャラメルが登場していたので購入してみました。

ラムキャラメルは1月13日から発売になったそうで、北海道生クリームを使った白い箱のシャルロッテも発売中のようですね。

冬はたくさんチョコレートが出るので買ってしまいますなぁ。

※ラムキャラメルは、アルコール分0.7%なので子どもやお酒の弱い方はお気を付けください!

▼スポンサーリンク

■常温だと予想以上にとろけるので注意!

寒い季節だと「溶けやすいチョコレート」も販売になるから嬉しい限りですなぁ。

チョコレートは、バリバリ食べるよりも溶けていく感がある方が個人的には好きですね!なので、生チョコは大好きです。

ただ、注意すべきはずっと常温で保管しておくと予想以上にとろけてくるということ。形状が変わることはありませんでしたが、手で持った瞬間にその柔らかさに驚きました・・・。

部屋が暑すぎるのかな?

ご注意ください!

冬の生チョコレートシャルロッテ2

ゲーテの名作「若きウェルテルの悩み」に登場するヒロイン「シャルロッテ」の名前が商品名となっていることもあり、チョコレートには小説のシーンからイメージした6種類のモチーフが入っています。

冬の生チョコレートシャルロッテ4

ココアバター、ラム酒、キャラメルペースト、ヘーゼルナッツペースト、アーモンドペーストが入った生チョコレート。

これは美味ですね。

全国のコンビニで展開してるそうなので、見つけたらぜひ!

→その他「チョコレート」関連のレビューはこちらよりどうぞ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。