• このエントリーをはてなブックマークに追加

【日本橋】知っておいて損はない!雌牛ロースとホルモン専門「高屋敷肉店」で肉と酒をいただく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高屋敷肉店

「前職の同僚の知人」という何とも不思議なつながりで、日本橋にある雌牛ロースとホルモン専門「高屋敷肉店食べログ)」に行ってきました!

初めにご連絡しておくと、肉に集中しすぎて途中から撮影が疎かになり公開できる写真が少ない!せっかく行ったのに残念なことをしてしまいました・・・。

焼き立てが圧倒的に美味しいであろう焼肉ですので、もし行く機会があれば撮影もほどほどに肉を堪能してもらえればと思います(笑)

「グルメカテゴリ」の記事一覧はこちら!

「ランチ」カテゴリの記事一覧はこちら!

▼スポンサーリンク

■銀座線「日本橋駅」駅から徒歩3分!

銀座線、浅草線の「日本橋駅」から徒歩3分のところにある高屋敷肉店。(JR東京駅からだと徒歩8分程度とのこと)

お店には40席用意されているそうですが、人気店なので予約をした方がよさそうですね。

この日は、平日だったこともありスーツの男性が多い!仕事終わりに肉と酒を、という方には超お勧めなお店だと思います。

(焼肉食べ放題とか、そっち系の方はこのお店じゃない方が良いかも)

高屋敷肉店_店頭

ちょうど第1陣との入れ替わりのタイミングで入店できたようで、注文したメニューも一瞬でテーブルへ。

こみあってくると、お店の中が煙でいっぱいになるので、汚れたくない洋服や、においが気になるタイミングでの来店は避けましょう!

一応、大きなビニール袋と籠が用意されているので、コートも一緒に突っ込んでしまうのが吉。

高屋敷肉店_店内

大量に焼くんじゃないんですよ。自慢のロースとホルモンを最適な焼き加減で焼いてそれを堪能していくのです・・・!

価格帯としては、1人4,000円~5,000円くらいでしょうか。お酒も飲んでこの金額なら、私としては満足度が高いですな。

▼テーブルの上はシンプルそのもの。

高屋敷肉店_テーブル

そして、これは個人的な意見ではありますが、焼肉といえばビール!(途中、ハイボールもはさみましたが。)

日々の疲れを、肉と酒で癒しましょう・・・。

そして、下の写真は先にFacebook等で公開していますが「サラリーマンっぽいね!」と各所からコメントをいただいております・・・!

高屋敷肉店で乾杯

■気になるお肉たちはこんな感じ!

食べて話して食べて話して食べて話して・・・。ということで、当日の肉の写真がほとんどありません!次回行ったときには、ちゃんと撮影してこなくては。

この日も一眼レフ持ってたんですけどねぇ。

さて、とりあえず注文しておきたい品をいくつかご紹介したいと思います。

まずは、色々な部位を「食べ比べ」できるこのセット。

高屋敷肉店_食べ比べ

私が知っている名称は「みすじ」と「とうがらし」くらいだったかな・・・。

カットされていない状態できますので、お好みのサイズに切ってもらえればと。

焼き加減と各部位の特徴については、是非お店のスタッフさんに聞いてみてください!というか、お店がこんでいなければ、注文する際にいろいろ教えてくれるので聞いた方が良いですよ!

メニューは壁にもびっしり!

気になるお肉は逃さないように!

高屋敷肉店_食べ比べ3

次は「六重塔」というザブトンと呼ばれる赤身肉を6枚重ねたメニューです。

注文すると、生卵の黄身(タレとセット)とお寿司のシャリのようなものが1つついてきます。焼いた肉に、黄身とタレをつけてご飯をまいて食べます。

このお肉の柔らかさと、生卵の黄身の濃厚さとタレの組み合わせが最高にうまいのです。

この日はしめに食べましたが、個人的には中盤と締めの2回食べたいくらいでしたね(笑)

とりあえず、この2品は逃してはいけない!

また、とりあえずホルモン!という時には、ごちゃまぜホルモンというのがお勧めかと。

▼ごちゃまぜホルモン

高屋敷肉店_4

その他にも、ホルモンをはじめたくさんの魅力的な品があるんですが、写真がなくてこれ以上書けず・・・!

残念です。

この日は、大体1.5時間くらいだったのかな?

比較的短い時間で、美味しいロースとホルモンを堪能できるお店「高屋敷肉店」のご紹介でした!

次回は写真撮る!

「グルメカテゴリ」の記事一覧はこちら!

「ランチ」カテゴリの記事一覧はこちら!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。