• このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア「トレンティーノ」の古民家調コテージをイメージしたLA COCORICO Shibuya(ラココリコ シブヤ)がおしゃれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渋谷駅の新南口の前にあるLA COCORICO Shibuya(ラココリコ シブヤ)というお店。

イタリア最北端「トレンティーノ」の古民家調コテージをイメージした店内がかなりオシャレ。また、お勧めのロティサリーチキンがランチだとお得ということでご紹介したいと思います。

「夜はちょっとお高いけど、ランチならいける!」というお店が多いので、良い機会となりました。

▼スポンサーリンク

■店内はこんな感じ!

「素材感と温もりある古材を多く用いた店内」ということで、個人的にはかなり好きなお店造りでした。最先端なつくりよりも、こういったお店の方が落ち着くんだなぁと再認識。一応、テラス席のような場所もあったので、暖かい日はそこでもご飯を食べられるのかな?

ラココリコ シブヤ2

お店のフルネームは「PIZZA&ROTISSERIE LA COCORICO Shibuya」ということで、ピザとロティサリーチキンに力を入れているようです。ピザについては、目の前で作っている様子を見ることができます!

今回はちょっと遠かったんですが、次回はカウンター席でガンガン写真撮りたいなぁと思ている次第です(笑)

ラココリコ シブヤ

■ランチメニューは「サラダ」「メイン」「デザート」「ドリンク」の構成

ランチメニューの基本構成は、上記のとおり。メインにあたる料理の中で、今回注文したロティサリーチキン&ライスやパスタ、ピザなんかを選ぶことができます。

サラダも、よくある「葉っぱだけ」ではなく添え物もついていますね。これだけでも「ちょっと普通と違う!」と見えるから重要ですね・・・!

ラココリコ シブヤ3

ラココリコ シブヤ5

そして、ロティサリーチキンが到着!ロティサリーチキンは、サイズを「1/2」と「1/4」から選べるんですが、1/4でも意外に大きいです!「いつも大盛り頼んでます!」という人以外は、1/4で良いかと思います。

・ロティサリーチキンとは?

鶏を1羽まるごと、串に刺して回転させながらあぶり焼きにした料理。専用の回転式の焼き機、ロティサリーオーブンを用いることが多い。(参照元

ラココリコ シブヤ6

チキンそのものの味は薄めですので、レモンを書けてさっぱりと食べるもよいですし、お好みでこちらをつけて食べても美味し良かったです。

ラココリコ シブヤ7

食後のデザートがこちら。ランチのデザートに大きなものはいらないと思っているので、ちょうど良いサイズでしたね。

ラココリコ シブヤ8

私が食べたロティサリーチキンについては、満足度は高かったです!一般的なロティサリーチキンの食べ方についてよく知らない私ですが、サッパリと食べるのも良いんですが、途中でもう少し味を変えられるような用意があると嬉しいなぁと思いました。

(ちなみに、1/2のチキンはスタッフさんが切ってくれます)

また、混み合い状況にもよると思いますが、ピザを作るのに意外と時間がかかる!ロティサリーチキンの方が時間かかりそうな気がしていたんですが、結果的にはピザが遅れて運ばれてくることに。

注文がピザに集まってしまうと、しょうがないのかもしれませんね。

PIZZA&ROTISSERIE LA COCORICO Shibuyaのご紹介でした!


大きな地図で見る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. […] ▼LA COCORICO Shibuya(イタリアの古民家調コテージをイメージ) […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。