• このエントリーをはてなブックマークに追加

【第15回東京ブロガーミートアップ】ブログの中で表示する「広告」について考えてみた。 #tbmu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ブログのマネタイズ」がテーマだった第15回東京ブロガーミートアップに参加してきました!

会の前半では、なんとGoogleさんから最強ADサーバーの「DFPスタンダード」について直接お話を聞けるという貴重な時間となりましたよ。また、後半では参加者の皆さんからご自身の運営するブログのマネタイズについて発表するという流れになっています。

▼スポンサーリンク

参加者の皆さんがイベントの様子をまとめてくれる事を信じ、私は、この会に参加して色々な方からブログ経由での収入についてや収益を向上させるための話などを聞いたうえで「ブログの中に表示する広告のあり方」について考えてみたことをまとめようと思います!

ちなみに、最速で更新されているイベントレポートはこちら!相変わらず早い!

・アドセンスの収入アップするヒントとブログのマネタイズ勉強会 #tbmu(しゅうまいの256倍ブログ)

http://shumaiblog.com/event-report-tbmu-15th-jan-15-2014/

・グーグル担当者直伝!Adsense最適化とDFP入門からのブログマネタイズ #tbmu(エアロプレイン)

http://airoplane.net/2014/01/16/tbmu-google-monetize.html

・Googleさんで開催!第15回東京ブロガーミートアップ(ちわわのまま)

http://chiwamama.com/2014/01/tbmu-15.html

15_TBMU

※本記事は、私のブログにおける状況と経験談ですので、ご参考までに。

■「ブログの収入≒広告収入」つまりどういうこと?

色々な収入の方法があると思いますが、一番わかりやすく誰もが簡単に手を出せる収入が「広告収入」だと思います。

今回お話をいただいたGoogleさんの「Google AdSense」を使っているブロガーさんは非常に多いと思います。今回の参加者でも、収入の差はあるにしてもほとんどの方が導入していました。もちろん、Amazon、楽天、リンクシェア、バリューコマースなども超有名な広告収入になる1つの方法です。

収入を得るには、「広告のクリック先で購入してもらう」「広告をクリックをしてもらう(クリック課金)」が一般的です。

で、この両方に言えることが、結局「ブログ(または記事)のカテゴリと広告がマッチしている」「ブログ(または記事)にある程度のトラフィックがある」が重要になるんだなぁと思いました。

PVに対して売上効率が高いブログ、低いブログあると思いますが、結局上の2つのところに落ち着きそうな気がしています。

あとは「誰のブログでその情報が発信されているのか?」というのも1つの要素ですね!「いつも参考にしているブログが紹介しているから安心」とか「友人がやってるから」とか「俗にいう著名人」とか。

つまり「安心感があるブログ(サイト)」であればあるほど、広告はクリックされやすいとも考えられると思います。

■常設しておいても収入が得られる広告とそうではない広告。

ブログにおける広告収入をちゃんと考えるのであれば「広告の最適化」を検討しなくてはいけません。今回のイベントでは、その1つの方法として最強ADサーバーの「DFPスタンダード」のお話があったというわけですね。

正直、私レベルのPVでは最低限の最適化(広告の表示位置、ブログとの親和性など)は検討しますが、それ以上はあまり考えていません・・・。なぜかというと、対して収入に影響がないから・・・。

ただし、広告の種類によって「最適化なしに常設できる広告」と「考えた上で設置することで意味のある広告」があることはわかってきました。

・最適化なしに常設できる広告

代表的なものは、やはりGoogle AdSense。広告配信側であるGoogle側で、マッチした広告を自動的に表示してくれます。マッチしているであろう広告を自動で出してくれ、しかもクリックするだけで収入になる。なにやら良さげな気配がしますよね(笑)

極論、表示サイズと表示位置だけ気を使えば、細かいメンテナンスは必要なさそうです。

※もちろんより細かい設定もできますので、さらなる最適化を行うべくAdSenseやDFPの勉強をするのも価値がありそうです。

また、楽天アフィリエイトのモーションウィジェットというものも常設できる広告としては意外に好調!私自身は絶対に押さないと思いますが、意外に押してくれる方が多いようです。

・掲載に気をつかわなくてはいけない広告

アフィリエイトを始めた時に、流行の旅行系の広告を設置したり、おしゃれを気取りたくてファッション系の広告を常設広告として設置しましたが、収入はもちろんクリックさえされない状況になりました。

しかし、同じ広告を、広告と関連制の高い個別記事に移動させたところクリック率が急上昇!当たり前なのですが、ある程度気を使わないといけないというのはそういうことなのです。

「商品レビューの最後に商品が購入できるサイトの広告を入れる」「旅行レポートの最後に旅行関連の広告」など、やはりこれが一番わかりやすい!

また、良く考えると「記事と広告が親和性が高い」ということは「読者と広告の親和性も高い」はずなんです。そう考えると、雑多なテーマのブログよりもカテゴリ特化型のブログの方が常設できる広告を出しやすいので運営が楽!という考え方もあるかもしれないですね。

できるだけ楽したいのです(笑)

■広告の理想形とは?

この部分は色々な考え方があるので、あくまで個人的な意見です。

今回のイベントの発表の中で「出口についてちゃんと考える」というお話がありました。これはとても面白い話だなぁと感じたわけです。

ブログ内の広告において、読者も、掲載側も、広告主も幸せになれる流れは下記の通りだと思います。

  1. 検索サイトで【商品A】を検索
  2. ブログ(サイト)の記事にたどり着き、優良な【商品A】のレビューを読む
  3. 記事を読むことで購入を決意し、購入先を探す
  4. 記事の中に、購入できるサイトが紹介されている
  5. クリック先のサイトにて購入

「【商品A】を探している人は、優良レビューを読み納得したうえで購入を決意し、そのまま簡単に購入サイトまでたどり着ける」という、非常に綺麗な流れだと思います!しかも、この文章だけであればだれも損はしていないし。

とはいえ。

とはいえですよ。

広告を掲載している側は「収入を得たい」という想いが少なからずあるわけですから、人間ちょっと邪になってしまうこともあると思います・・・。

私も、広告の収入を最適化させるためだけに意識が行き過ぎて、読者からクレームをもらうという事態になったこともありました。こうなると、なんのためにブログやってたんだっけ?っていう話になるわけなんですよね。

ここばかりは、自分の中でグルグル回ってしまうわけですよ。常設の広告を全部とってしまい、レビューのみに最適化するブログも多々あるわけですし、本当に読んでもらうだけでいいのであれば、記事下に適切な広告を掲載して以上、で良いわけですしねぇ・・・。

ただ、もしブログだけで収入をお小遣いを稼ぎたいのであれば、広告は必須。悩ましいところです。

色々書きながらも、結局広告を外せない私ですが、うまくブログや広告と付き合っていきたい次第です・・・。

「イベントに参加すると予想以上に真面目に考えてしまう」

そんな東京ブロガーミートアップ!気になる方は次回の告知をお待ちください(笑)

今回の参加者は下記の方々です。気になるブログをチェック!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。