黒板にチョークに跳び箱に!大人が懐かしさを感じるものに子どもが興味津々。

黒板やチョークを「昔の物」と思っているのは大人だけなのかな?今でも小学校は黒板いチョークを使っている場所もあると思うし。

ただ、やはり懐かしさを感じますよね!そして、子どもは興味津々すぎて驚くばかりです(笑)

新しい発見や体験というのは、その物事自体の「古さ」はあまり関係なく、子どもにとってどうだったかっていうのが一番重要ということを改めて感じましたよ。

黒板とチョーク

黒板消しとか本当に懐かしいなぁ。

子どもは「これ、叩くと煙出る(笑)」という感じで楽しんでました。言ってしまえば、iPadを初めて使った時よりも楽しそうな顔をしていたような気がしますね!

そろばんも「これ、何のおもちゃ?」という感覚でしたし、新しい発見ばかりのひと時でした。

昔ながらのオブジェ2

昔ながらのオブジェ4

この場所には、黒板が設置しているだけでなく、身長を測る懐かしい計測器や跳び箱、元気ハツラツの古いポスターなんかもありましたよ!

最新技術でも、昔からあるモノでも、何か子どもに新しい発見をしてもらうのは、とても有意義な時間になるんだなぁと感じながら、お店の中へ。

昔ながらのオブジェ

ここは、千代田線「代々木公園駅」と小田急線「代々木八幡駅」の間くらいにあるうどんの名店「めんき やしま」。

子どもにも優しいお店ということで、以前から愛用しているお店の1つです!

めんき やしま

店内には、表以上に懐かしさ漂うおもちゃがたくさん並んでいます。

小さい子どもには、未知の怪獣やキャラクターがたくさんいますが、今でも愛されているキャラクターもいて、意外に楽しんでくれるんですよ。

バルタン星人がほしい!

と言われた時には、ちょっと困ってしまいましたが・・・。

めんき やしま10002

ちなみに、お勧めはアナゴ天とうどんのセット。アナゴが絶品すぎるので、ぜひ食べてほしいです。もちろん、うどんも美味しいですよ!子どもも食べてくれるので、安心していけるお店なんです。

この日は、汁ありでしたが、生醤油の汁なしうどんも絶品!

めんき やしま1000

▼大きなアナゴ天は、そのままでも汁につけても最高

めんき やしま10003

▼その他のてんぷらも安定のクオリティ

IMG_1071

【関連記事】子どもとうどんを食べに行こう!代々木公園めんきやしまで初めて注文したうどんたち。

■撮影しているカメラとレンズはこちら

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 建築設計事務所が考える収納家具ブランド「margherita(マルゲリータ)」のショールームに行ったら急に書斎がほしくなった!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る