イクメンを6つのタイプに分類!あたは(あなたの旦那は)どれだろう?

当り前に聞くようになった「イクメン」という言葉ですが、マクロミルという調査会社のアンケート結果が出ていたのでご紹介です!

「育児参加意識」「育児協力実態」「家事協力実態」の意識と実態からなる3つの指標から6つのタイプに分類しているとのこと。自分はどこに当てはまるのか楽しみです(笑)

マクロミルリリース:http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0306346_02.pdf

 

まずは6つのタイプをご紹介です。内容を読んでいくと、「あ~確かにいそう!」という感じですね。

(1)家庭献身型

共働きが多いこともあり、夫婦で育児や家事を分担してこなす、家庭的なダンナさん。ブランドや子どもへのこだわりはあまり強くはないが、出産をきっかけに家や車を買い替えるなど、家族にかけるお金は惜しまない。家事も育児も協力的なイクメン優等生。

(2)子煩悩型

子どもへの思い入れが強く、育児そのものを楽しんでいる。子ども用品はとことんこだわりたいし、習い事もたくさん経験させたい。子どもの成長をカメラで記録するのは自分の大切な仕事。そして子どもが大きくなるとともに、自分の成長も実感している。

(3)ストイック型

育児に協力はしているが、まだまだ足りないと考えるストイックな性格。イクメンと呼ばれたくないと思う一方で、イクメンに対する印象は良く、おしゃれだし仕事ができそうといったイメージを持つ。ブランドなどのこだわりはなく、子ども用品は安さと実用性重視。

(4)仕事優先型

育児は妻任せだが、子どもの面倒を見るのが嫌いなわけではなく、仕事が忙しく優先順位が後回しになっているだけ。イクメンに対するイメージはあまり好意的でなく、ブームとして冷静に見ている。スマートフォンの所有率が高いのも、仕事人間の証かもしれない。

(5)ともだち型

育児やってるぜ、と言う割にあまり実行してない。しかし、間接的な家事を通して育児や生活をサポートするという意識が見られる。育児のテーマは「俺と一緒に遊ぼう!」。自分の趣味を子どもとともに楽しみたい。また、ブランドやトレンドは常に押さえていたい。

(6)ファッション型
育児への参加意識は高いものの、育児も家事もあまり協力していない。ブランド好きで、ファッションにもこだわりがある。そんな自分の感性を子どもにもシェアしたい。子ども服はもちろんブランド重視。ネットで子どもの成長記録を公開するのも抵抗がない。

 

リリースの詳細を読んでいくと「パパが協力している育児の内容」や「家事の内容」なども載っていました。何を持ってイクメンなのか、という議論はあるものの「育児に積極的に参加するパパ」は増えてきているのは間違いないですね!

また「イクメンと呼ばれて嬉しいのか嬉しくないのか」というアンケート結果も載っています。個人的には、ママから「うちのパパはイクメンなんです!」と言ってくれる分には嬉しい気がしますが、色んな理由があるんですね。

ご興味あればどうぞ!

■マクロミルニュースリリース:イクメン指標によるタイプ分類

http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0306346_02.pdf

子ナビのイクメン関連の記事はこちら!

■実体験をもとに「イクメン」について考えてみたいと思う。ママにとってイクメンとは?

http://nochineta.net/archives/8602

■自称イクメンはイクメンに非ず?「イクメン」はママからの信頼の証だと思う

http://nochineta.net/archives/6740

 

==================

子ナビのメルマガ登録はこちら

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ギフトにかわいいケーキを!「ル・パティシエ」の今治タオルケーキ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る