百貨店とショッピングセンターでブランドが違うわけとは?

皆さんは、子供服をどこで購入していますでしょうか?

近年「安くて、品数が多い」などの魅力があることもあり、ショッピングセンターが注目されているのは間違いないと思います。各子供服メーカー、ショッピングセンター用のブランドを作ったり、アウトレットや在庫の多い商品などお手頃な価格で販売していたりします。

3月12日の新聞で「ナルミヤインターナショナルがショッピングセンターへの出店強化!」という見出しがあったので、珍しく新聞を読んでみました(笑)

■2012年3月12日 日経MJ 6面より

「ラブトキシックは百貨店ブランドの半額以下の価格で抑えている」

http://lovetoxic.narumiya-online.jp/index.html

簡単に言うと、今まで主力だった百貨店の集客力が低下している中、ショッピングセンターでの売り上げが伸びているということらしい。ナルミヤのブランドは、ほとんどが百貨店ブランドだったので、新しい活路が見えてきたというわけですね!

 

■百貨店ブランドとショッピングセンターブランドの価格比較(ナルミヤに限る)

上でも書きましたが「百貨店ブランドの半額以下」ということになると、3,000~4,000円くらいになるのかな?個人的には「ナルミヤブランドは、高価な洋服」というイメージだったので、ちょっと意外な感じです!

一応、同メーカーのメゾピアノジュニアと比較。同じアイテムではありませんが、参考までに。

ラブトキシックコーディネート

Pコートでも8,000円でおつりが出ます!基本アイテムは4,000円前後。確かにナルミヤブランドの中では、かなり安いですね。全身コーディネートで購入しても、一万円前後で購入できそうです。

メゾピアノジュニアコーディネート

こちらがメゾピアノジュニアです。テイストも使っている素材もデザイン性も違うとは思いますが、ナルミヤブランドの中でも高価な方のブランドですね。ソックスで2,000円越え(笑)リボン付きシャツについては、一万円を超えてきます!

金額だけで見れば、かなりの差があることが分かります。

 

■「安い服」と「高い服」の違いは何か

どんな商品でも、安く販売するにはどこかでコストを下げなければいけません。原価の安い生地を使うのか、生産ルート(工場とか)を見直すなどなどさまざまな方法があります。

逆に「高い服」にも高くなってしまう理由がたくさんあるわけです。「ブランドバリュー」「オリジナルの素材を作っている」「機能性/デザイン性にとんでいる」など理由があるわけなんですよね。

価格を決めるに当たって、それぞれに色々な理由があるのです。この部分を理解すると、買い物がより楽しくなると思いますよ(笑)

 

■百貨店で買う人。ショッピングセンターで買う人。

百貨店とショッピングセンターの客層に違いが出てきているのかなぁ?

例えば私の感覚だけで言うと

<百貨店編>

「ちょっといいモノ買おうかな(笑)」「プレゼントを買おう!」

ブランド買いのイメージ。大抵の場合は、何をどこで買うかある程度決まっていて目的を果たしてしまえば、同じフロアーで買いまわることはあまりしないかも。。。百貨店きたし、ちょっといいお菓子でも買って帰るか!

<ショッピングセンター編>

「いろんなブランドを見てみようかなぁ!」「どんなブランドが入ってるんだろう?」

買い回りのイメージ。お手頃価格で購入できるので、いろんなお店を見てみたいなぁ。いったんフードコートで休憩して、落ち着いたらまた回るかな!

こんな感じです。場所の影響もあるのかなぁ。

ちょっといいモノを買いたいときには、その心持で百貨店に行きますので別に金額が高くても全く問題ないです。

逆に「色んな物を見たい」ショッピングセンターであれば、高いものを買うというよりも安いものをたくさん買いたいですかね。

 

■百貨店ブランドとショッピングセンターブランドが違うわけ

「百貨店ブランドをそのままショッピングセンターに持っていくか否か」については各社色々な理由があると思いますが、その1つに「ブランドイメージ」があると思います。

ある程度高級感のあるブランドが、いきなり格安商品を作ってしまったら・・・

いつも買わないような人たちの購入は増えますが、もともとブランドのファンだった方については「ブランド価値が下がった・・・」と考える方も多くいるのだと思います。

百貨店ブランドは比較的高価なブランドが多いので、新しいブランドを立て差別化したりするわけですね。

 

■「安かろう、悪かろう」が変わる

ショッピングセンターのできはじめの時は、「安い洋服=素材が良くない」など俗に言う「安かろう、悪かろう」という部分が目立っていたと思います。

しかし最近、安いし、可愛いし、素材も悪くない!というブランドが増えてきました!これは嬉しい限りですね。さすがに、全く同じクオリティを出すことはできないと思いますが、買う側としいては納得のいく価格帯というわけです。

百貨店への客足が減っているのは、こんな部分も関与しているのかもしれませんね。。。

 

ちょっとまとまりがなくなってきたので、強引に終わろうと思います(笑)

現段階では、まだ「百貨店の価値」があるので「ブランド+百貨店の価値」で相乗効果を生んでいると思います!ショッピングセンターにおいては、ほとんどの場合郊外にあることが多いので交通手段が限られてしまいますね。

これから、どうなるか見ものです!

====================

子ナビのメルマガ登録はこちら

 

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 指1本で調節可能!日本の職人が作った独自構造のカメラストラップ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る