無印の「一緒に遊ぶ工作絵本」が子どもの成長を感じさせてくれました。

子ども用の絵本はたくさんありますが、最近子どもの成長を感じさせてくれた絵本が無印の「一緒に遊ぶ工作絵本」シリーズです!

1歳半くらいの子にはまだまだ早いかなぁと思っていたのですが、隠しておいた本を見つけキラキラしながら遊んでました(笑)子どもの成長は早いものです。。。

子どものお気に入りとなったので、子ナビでもご紹介させていただきます!

無印_一緒に遊ぶ工作絵本

絵本の後ろ6ページがシールになっていて、「たべものシール」「パーティーグッズシール」「デコレーションケーキシール」でなんと100枚くらいのシールがついています!正直、このシール数には驚きました(笑)

無印_一緒に遊ぶ工作絵本4

遊び方はこんな感じです。

例えば「たべものシール」の場合、絵本に出てくる動物達が「あーん」って口を開いているのでそこに「たべものシール」を貼って食べさせてあげるという遊び方!

全てのシールが当てはまるかはまだ分かりませんが、下の写真であればお皿におにぎりがのっているのでおにぎりシールを口の中へ!左側の絵では・・・まぁ、食いしん坊ぶりが良くわかります(笑)

無印_一緒に遊ぶ工作絵本2

今回のポイントは、「シールを張って楽しむ絵本」なのか「シールを張ることで学びのある絵本」なのかということ。何も考えずシールをべたべた貼るだけであれば、別にこの絵本でなくてもよいんですよねぇ。。。

これは私の体験談ですが、1歳から2歳になるにつれ子どもが「コミュニケーションをとれる」ようになると思います。コミュニケーションがある程度とれるようになってきてからが、この絵本の本領発揮だと思いました!

ちなみに、この絵本ですが無印のネットストアで「1,000円」します。(ネットストアはこちら)決して安い絵本ではないので、正直「ありったけのシールを貼って終了」はもったいないなぁと思ってました(笑)

そして、週末。満を持して遊んでみたというわけです。

結果としては・・・

大成功!

遊び方はもちろん「シールを貼る」なんですが、貼る時にちゃんと「あーん」といって口の中に貼ってくれましたよ!これでこの本も報われる(笑)

無印_一緒に遊ぶ工作絵本5

シールを貼っては「はい、どーじょ!」と言って「モグモグモグモグモグ・・・」。「もう1回!」の繰り返し。絵本の動物たちに、「食べさせてあげている」という意識があるんですね!成長したものです。。。

無印_一緒に遊ぶ工作絵本6

とはいえ、まだまだ未知の世界もあり(笑)

さすがに、クラッカーは知らないですよね。。。ライオンさんの口にクラッカーが。。。

無印_一緒に遊ぶ工作絵本7

その他にも「デコレーションケーキシール」というシールがあり、ケーキの土台にイチゴやクリームなどを貼ってケーキをデコレーションするというのもありました!

ただ、これはまだレベルが高かった。。。初めは、完全に無視されてしまいましたよ。ただ、ローソクが2本3本と立ててみるとケーキだと分かったようで、色々張ってくれました(笑)

無印_一緒に遊ぶ工作絵本3

1歳半から2歳くらいの子どもにお勧めの絵本なのかな?

工作絵本ということで、見るだけではなく体験も伴った面白い絵本の紹介でした!

■その他の「無印良品」の記事はこちら

http://nochineta.net/archives/tag/muji

■Co-NAVI(子ナビ)より皆さんへ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よろしければ下記よりCo-NAVI(子ナビ)を応援していただけると嬉しいです!

また、ご意見ご感想などについてはブログコメント欄をはじめTwitter、Facebookよりご連絡くださいませ。

よろしくお願いいたします!

Twitter:@conaviblog

Facebook:http://www.facebook.com/CoNAVI

mixi:http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=194438

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ギフトにかわいいケーキを!「ル・パティシエ」の今治タオルケーキ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る