オープンなフロアで気軽に高級料理を楽しめる「俺のフレンチ・イタリアンAoyama」に行ってきました。

原宿・表参道.jpの@ysakakiさんにお声掛けいただきまして、人気であまり入ることができないと言われている「俺のフレンチ・イタリアンAoyama」に連れて行ってもらいました。

「俺のシリーズ」のお店はよく聞いてはいたんですが、実際に行ったのは初めて。

そして、高級料理を気軽に楽しめるという前情報を裏切ることなく、非常に満足度の高い食事となりました。

写真で味が伝えられないのが心苦しいですが、お店の雰囲気と料理をご紹介できればと思います!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_20

■俺のフレンチ・イタリアンAoyamaについて

俺のフレンチ・イタリアンAoyamaは、表参道から少し渋谷側に歩いたところにあるAo(アオ)というビルの1階にはいっています。

▼東京都港区北青山3-11-7 Ao(アオ)

お店の前まで行くと、「予約あり」「予約なし」の2つの列がありまして、なんと下の写真の行列ができている方が予約ありの列なんです!

当日入店はもちろん、そもそも予約すらできない日が多いお店のようですね。誘ってもらって、本当に感謝です。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_2

お店の側面は大きなガラスになっていて中の様子がわかります。

写真右側にたくさん人がいると思いますが、ここは立食席になっています。今回は、なんと着席の方を予約してくれていたので、心置きなく撮影できました!

それにしても、にぎやかでカジュアルな雰囲気のお店だったなぁ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_1

▼お店では、生演奏もあります!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_4

▼立食席の雰囲気はものすごくカジュアル!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_11

■堪能した料理たちをご紹介しよう

気をつけたいのは「スペシャリテ」と「メインディッシュ」は、品切れになることが多いということ。この日は20時半の予約で行ったんですが、半分くらいは品切れになってたかな?

@ysakakiさんによると「量が意外と多いし、メインの料理がなくなってしまうケースが多いので、前菜からというよりはまずはメインから食べたほうが良い!」とのこと。

また、メイン、前菜、などいっぺんに注文すると順番とか気にせず「できた順」に出てくるようなので、食べたいものを先に注文するのが良さそう。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_3

この日は、ブロガー4名、カメラなしブロガー1名ということで、1品ずつ十分な時間をかけて撮影(笑)

料理の写真って意外に難しくて、@ysakakiさんによる写真講座と共に食事を楽しみました。

むねさだブログのむねさださん

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_10

乾杯は「シャンパーニュ アンリ・ジロー エスプリ ブリュット」で。

ワインの種類も多く、料理に合わせて選ぶのも楽しそうでしたよ!個人的には飲みやすいシャンパーニュがお勧めです。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_5

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_6

■海老とマッシュルームのアヒージョ(780円)

アヒージョはスペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉とのこと。オリーブオイルとニンニクで煮込む小皿料理なんだって。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_7

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_8

■お通しのチーズ

冷奴や枝豆ではありません。2種類のチーズが盛られたお皿が出てきました。ワインを飲む方にはとても良いお通しですね!

まさかチーズたちも「こちらお通しです!」って紹介されるとは思ってなかったでしょうねぇ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_9

■新鮮野菜のスティック(680円)

シンプルな野菜スティックです。(たしか)味噌バジルディップソースにつけて食べたと思います!

野菜の味をじかに感じることができるので、野菜好きにはたまらない1品。パプリカとはしょうが(?)が、個人的にはお勧めですよ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_12

■トリュフとポルチーニのビスマルク(980円)

半熟卵がたまらないピッツァ。

どうやって割ればいいのかわからず、とりあえず真ん中から切ってもらうことに。見た目はシンプルなんですが、旨味がたまらないんですよ。

半熟の卵を、均等にピザに割り振れるかがポイント・・・!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_13

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_14

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_15

■本日のテリーヌ(780円)

日によって変わるテリーヌは、この日は「穴子とウニのテリーヌ」でした。

ふわふわしていて舌触りがいい感じ。思ったほど濃い感じではなく、おいしかったです。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_16

■オマールエビのロースト(1,280円)

1皿に半分に切られたオマールエビが乗せられテーブルへ。

スープと言えばいいんでしょうか?殻の中にたまっているスープが最高においしいので絶対にこぼさないようにしてくださいね。

身もぷりぷりで最高でした!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_17

■魚介たっぷりのペスカトーレリゾット(1,100円)

お米の粒がしっかりと残っているリゾット。米好きなら、絶対に注文したほうが良い1品ですね。

是非冷めないうちに食べてください。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_18

■牛フィレとフォアグラのロッシーニ(1,480円)

一番驚いたのが、この「牛フィレとフォアグラのロッシーニ」という料理。

牛フィレ肉の旨さはもちろん、フォアグラってこんなにのってて良かったんだっけ?!というくらいのっています。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_19

肉とフォアグラとソースの相性が抜群すぎて驚きましたよ。2人で半分ずつにしても、十分楽しめるサイズだったと思います!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_20

■仔羊のカレーソース(1,480円)

辛いということはなく、ソースを十分につけて食べると良いと思います。付け合せのヤギの乳で作った焼きシェーブルチーズも合わせてどうぞ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_21

■自家製リコッタチーズとほうれん草のトマトソース(780円)

780円のパスタなんて、渋谷、表参道、原宿地域ではむしろ安い方なんじゃないんですかね・・・。コスパが良すぎるパスタも是非お試しあれ。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_22

■シャラン産鴨の胸肉のロースト(1,980円)

フランス・シャラン産鴨の胸肉のローストに、エスプレッソソースがかけられています。

お皿に黒い粒が添えられていたんで粒胡椒かと思い食べてみると、なんとローストされたコーヒー豆を砕いたものでしたよ。

あとから「エスプレッソソース」ということを知り、納得しました!

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_23

■俺の初恋物語~first kiss~(960円)

「パティシエが送る渾身のスイーツ!!」とのこと。私は食べていないので、感想は別の方に任せたいと思います。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_24

■俺のジェラート チョコレート(380円)

高級ベルギーチョコレートを使ったジェラート。私は、手間の白いホワイトチョコレートのジェラートを食べたんですが、チョコレートの甘さがとても良い感じでした。

しかも380円って・・・。ファミレスのデザートでも500円するご時世ですよ・・・。コスパが良すぎて驚くしかありませんな。

俺のフレンチ・イタリアン AOYAMA_25

■まとめ

初めて行った「俺のフレンチ・イタリアンAoyama」は、予約がとれるのであればすぐにでも再訪したいお店ですね!

高い料理も山ほどありますが、平均してコスパはかなり良いんじゃないでしょうか。予算は5,000~6,000円あれば余裕ですね。5,000円以下でも十分料理を楽しめると思います!

とりあえず、気になった方は是非予約をしてみてください!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ディズニーバンカーリングが予想以上に便利!このリング1つでスマートフォンが変わるよ!

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る