立てるようになったら、子どもと一緒に家事をやろう!

1歳前後になると、歩き始める子も多いのではないでしょうか?立てることで、目線が変わりいろんなものを触ろうとしたり、がむしゃらに歩き回ったりなどなど動きに幅が出てくると思います。

以前、遊んだおもちゃを自分で片付けさせるために「片付け競争」を行っているご家族がいました。子どもって「競争」となると、遊びでも片付けでも楽しめちゃうんですよね~(笑)

また、うちでは「たまたましていた行動」をものすごく褒めたりしてます。「たまたまクリックルワイパー持って床を拭いていた」「たまたまモップで拭いていた」など、実は子どもがたまたまやっていた行動がそのまま家事などにつながるケースも多々あります。

「楽しく家事ができる」というのは、子どもにとっても初めての体験で楽しいし、大人も楽しく家事ができるかもしれない!と思いまとめてみました。

 

■子どもと一緒に家事をしよう!その1:洗濯をしよう

洗濯お手伝い

洗濯機の種類によってできない場合もありますが、カゴの洗濯物を洗濯機へ入れたりして体を動かしています。また、自分で押したボタンが「ピッ!」となるのが嬉しいようで、なかなかスタートさせてくれないことも。。。

さすがに、洗濯物は干せませんが「一緒にやってる感」が大切なようです。寒い中、嫁と共にがんばってくれました。

 

子どもと一緒に家事をしよう!その2:動物の世話をしよう

ネコのお手伝い

「怪我したらどうしよう・・・」そんなふうにも思っていましたが、とりあえず大人が近くにいれば大丈夫そうです。(ネコの場合には爪に要注意)

時間がある時は、ご飯の時間に一緒に行き「手のひらのご飯を食べてもらう」ということをしています。子どももかなり嬉しかったようで、何回も食べさせていたました(笑)

ネコの方も大人よりもお気に入りのようでなかなか離れないという現状。子どもと動物は、つながるものがあるのかもしれないですねぇ。

 

■子どもと一緒に家事をしよう!その3:掃除機を持ってみよう

掃除お手伝い

子供にとって、掃除機もおもちゃ。衛生面や、吸い込み口には気をつけなくてはいけないですが「自分で操っている感」が嬉しいみたい。自分が引っ張ると、後ろから付いてくるので「キャーーーー!」といいながら前進していました。

もちろんゴミを吸っていることは分からないと思いますが、子どもなりの達成感はあったようです!

 

■子どもと一緒に家事をしよう!その4:いったん休憩。。。

いったん昼寝

 

■子どもと一緒に家事をしよう!その5:モップでふきふき

テレビ掃除

最近では、軽くてゴミが良くとれるモップが売っています。大人も楽ですが、もはや子どもでも軽く扱えるぐらいです。食べないように気をつけないといけないですが、なんと自らモップを持ってテレビを拭き始めるという・・・きれい好きなんだね(笑)

嫁が掃除している姿を見ていたのか、「テレビを拭く」という意識でちゃんとやっているようでした。ここまでくれば、大人は掃除機、子供はモップなんてこともできるのは間近!

 

■子どもと一緒に家事をしよう!その6:ご飯のお手伝い

ご飯お手伝い

キッチンは、子供にとって魅力的なものがたくさん置いてありますが、その分危険性も高い場所でもあります。こればかりは、本当に大人が気をつけなくてはいけないので、もし実施する時はお気を付けくださいませ。

最近では、カレーのルーなどを鍋に落としたり、ご飯を混ぜたり、手を洗ったりなどキッチンまわりでの楽しみができたようです。できることからやらせてあげることで、子どもにとっても新鮮なんだろうなぁ。

 

例えばですが、休日の家事はママサポートのもと「パパ子」でやってもよいかもしれませんね!

 

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)が驚きと会話を生み出す!光を操る姿に子どもも大人も夢中にさせるよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る