「子供と一緒に買いに来る」事を考えたお店のこだわりをご紹介。(銀座いさみや)

以前、銀座いさみやさんのインタビューに行った際に「お店のこだわり」についてお聞きしましたが、その続編ということで写真を使いながらレポートしたいと思います。「銀座なんていかないよ!」って方ももちろんいらっしゃると思いますが、お近くの子供服のお店に行く時の、1つの注目ポイントとして見ていただければ幸いです!

「つながりを大切にしていきたい」銀座のベビー子供服のセレクトショップが語る。

http://nochineta.net/archives/7631

「子供服を扱っている=子供が来店する確率が非常に高い」まぁ、当り前の話なのですがだからこそ少しでも考慮したお店づくりを心掛けないといけないんですね。お店の立地条件、来店するお客さんの層、売場の使い方などなど色々な部分についてお話を聞いてきましたのでご報告です。

銀座いさみやトイレ5

まずは、1階の新生児~110cmまでの売場から。

お店に入って左側にある遊び場です。遊び場としては決して広いとは言えませんが、このスペースが1つの大きなポイントになっているようです。以前もお話ししましたが、子連れの買い物は子供との戦いでもあるのです。子供が飽きてしまったら、ゆっくり買い物なんてできないですからね。

「ママ・パパにゆっくり買い物してもらえる環境を整える」そんな想いで作られた遊び場ですが、ここのおもちゃは、業者さんと連携して4カ月に1回新しいおもちゃに代わる仕組みになっているようです!新しいおもちゃが、子供たちを飽きさせない1つの要素にもなっているというわけか。

銀座いさみや遊び場

よーく見ると、細かく台所が再現されてましたw。ほとんどのおもちゃが「木」でできていることや、「コルク」を使っているところが子供への配慮を感じますね。

銀座いさみや遊び場2

ただ、この遊び場も簡単に「はい設置!」というわけではなかったそうです。遊び場を設置するべきなのか、それとも少しでも多くの洋服をおくべきなのか。どちらにもメリットがある話なので、踏み切るまでは悩みも多かったようです。

ちなみに、遊び場は子供が遊ぶためだけではなくもう1つの要素も兼ね備えています。

それは「迷子」だそうです。いさみやさんは銀座の通りに面しているため、お店の前の人の流れが途絶えることはほぼないそうで、子供がフラッと流れについて行ってしまってそのまま隣の百貨店に入ってしまったりしてしまうこともあったそうです。そこで、この遊び場で遊んでもらうことで迷子の防止にもなっているというわけです。

<遊び場は、外からも見えます!>

銀座いさみや遊び場3

また、子供が動き回る可能性が非常に高いので、洋服を置いてある棚は角が丸くなっています。歩くようになった子なんかは特にですが、棚の高さがちょうど頭や顔の位置になるようです。できるだけ角をとり安全性を高めているわけですね。

銀座いさみや棚

次はトイレへ。(トイレはB1にあります)

最新のトイレでも置いてあるか?!ということではなく、少しでも明るい空間にするちょっとした工夫ですね。手作りのプレートがかかっているドアを開けると・・

銀座いさみやトイレ

魚がたくさんw。おむつ替え用の台はもちろん、子供用のトイレも備わっています。男女子供用が分かりやすいように表記をしなくてはいけないわけですが、「子供用」「大人用」と表記しているわけではなく「イルカ」で表現!どこまでも子供目線ですね。

銀座いさみやトイレ3

<青は男性、ピンクは女性、ミニイルカは子供>

銀座いさみやトイレ4

洗面台や壁にもイルカや魚たちがいます。トイレはキレイであればいい!それも間違いではないですが、こんなトイレも子供的には嬉しいですよね!ちなみに、壁の魚たちは暗くすると光るそうです!が、トイレに入る時はもちろん電気をつけるのでその様子はいまだ確認できていなとのこと・・・w

銀座いさみやトイレ2

ジュニアサイズ(120cm~)の洋服が置いてあるB1へ。

B1の天井には大きな絵が描かれています。初めは、ただの「絵」としか思っていませんでしたが実は子供たちが描いた絵だそうです。

全面改装の際に、小学生の子供たちを集め各自に絵を描いてもらったとのこと。「子供服のお店だから、改装も子供と一緒に!」という想いが込められているそうです。

銀座いさみや天井

銀座いさみや天井2

銀座いさみやさんのレポート第2弾でした。お店って、いろんなところにこだわりとか想いが詰まっているんですね!いつも普通に見ていたものも、もしかしたらいろんな想いが込められていたなんてことも多々ありそうです。

そんな部分を少しでもご報告できていれば幸いです!

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る