EOS Kiss X7と「EF S18-55 IS STM」「Canon EF50mm F1.8 II」「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM」で撮影した写真と特徴まとめ!

私が持っているレンズは、EOS Kiss X7のレンズキットについてきた「EF S18-55 IS STM」、8,000~9,000円台で買えるキヤノンの単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」、シグマのArtライン「30mm F1.4 DC HSM」の3つ。

まだまだ勉強中な部分が多いんですが、それぞれに特徴があってかなりお世話になっているの3本のレンズなのでご紹介したいと思います。

※注意:X7は「レンズ表記の焦点距離に対して約1.6倍相当」になります。「30mmのレンズ→48mm相当」という感じです。

■レンズキットについてくる18-55mmレンズ

レンズキット18-55mmレンズ

正直、これ1本あれば手元の撮影から風景写真までほぼ問題なく撮影ができると思います。しかも、A4サイズの大きさでプリントアウトしても十分綺麗。これには驚きましたね。

まずはこのレンズキットで色々な場所や物や人を撮影してみて、そのうち「もっとこんな写真が撮れないものか・・・」というところまで来たらレンズの購入を検討すればいいと思います!

また、コンデジから一眼レフまたはミラーレスカメラに乗り換えると「全然ズームにならないじゃん!」と思う方も多いかもしれませんが、今までに何十倍にズームをして撮影したことって少なくないですか?

あまり心配しなくてよいと思います!

※確実に遠くを撮影することが分かっているのであれば、遠くまで撮影できるレンズを検討してください!

【参考レビュー】

EOS Kiss X7やX5のレンズキットについてくる18-55mmレンズでどんな写真が撮れるかまとめてみた。

■単焦点の魅力を体感しよう!Canon EF50mm F1.8 II

Canon EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

8,000円~9,000円台で買えるキヤノンの単焦点レンズ。色々なレンズを見るようになってから気づいたんですが、1万円を切るレンズってほとんどないんですよねぇ。

しかも、撮影できる写真はキットになっているレンズとは全くの別物!単焦点レンズの楽しさを実感することができる最高のレンズだと思っています。鮮明さ、背景のぼけ具合など楽しんでもらえればと思います。

ただ、言うまでもなく「単焦点レンズ」ですのでズームができません。また、50mmのレンズをX7に付けると実質80mmになってしまうので、最初は距離感をつかむのに少し時間がかかりましたね。

まぁ、結果的にではありますが、このレンズのおかげでカメラの基礎となる部分をかなり学んだと思います!

しかも、X7は世界最小最軽量の一眼レフカメラと謳っているカメラ。このレンズを装着させても500mlのペットボトルよりも軽いんです。

【関連記事】

EOS Kiss X7(X5)と単焦点レンズ(EF50mm F1.8 II)で撮影した写真まとめ

Canon EF50mm F1.8 IIで撮影したレビュー一覧はこちら。

日常を特別な雰囲気に!単焦点レンズはカメラを勉強するにはもってこいのレンズだった!

■SIGMA 30mm F1.4 DC HSMで撮影しまくる日々。

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM

Canon EF50mm F1.8 IIで単焦点レンズの楽しさを実感し、さらに使いやすく自分のイメージに近い撮影ができる単焦点レンズを探した結果、ここに行きつきました。

もちろん、予算的な兼ね合いもあり10万円を超えるレンズなんて買えないですしね(笑)できる限り、コスパを重視してみたわけです。

シグマのオフィシャルサイトでは、下記のように書かれていました。

APS-Cサイズデジタル一眼レフカメラで作品撮りを行うためのはじめの一本として、最適な選択です。(一部抜粋)

あらゆる撮影距離において表現力を十分に発揮できるよう、高い光学性能に徹底的にこだわりました。(一部抜粋)

ほしい。と、すぐに思いましたが、やはりどんな写真が撮れるのか気になってしまったんですよねぇ。そこで、知人に1つ前の機種を貸してもらい試し撮りをしてみたところ、ひとめぼれ。

購入に至ったわけです。

Canon EF50mm F1.8 IIよりも数倍重くなってしまったんですが、撮れる絵はやはり良い。言葉にすれば「鮮明さ、映り具合が圧倒的に違う!」で、終了してしまうのが悲しい・・・。

関連記事を見ていただいて、写真の好みが合えば是非購入検討に入れてみてください!

【関連記事】

EOS Kiss X7と単焦点レンズ(30mm F1.4 DC HSM)で撮影した写真まとめ

SIGMA 30mm F1.4 DC HSMで撮影したレビュー一覧はこちら。

■まとめ

「一眼レフカメラにハマると、レンズ沼にもハマる」と、よく聞きますし私もレンズ欲しい願望に襲われることもたびたびあります・・・。

結局、ハマり方が重要なわけなので、だれにも迷惑をかけないのであれば全く問題ないわけですよ、きっと。

ただ、個人的には「損な買い物は絶対にしたくない」ということ。レンズを試したいがために購入することはできるだけ避けて、自分の中のニーズを何回も確認することで、冷静さを保っている今日この頃です・・・。

レンズのレビューとかみちゃうと一気に気持ちが高まってしまうのは事実なんですけどね(笑)

これからも”無理のない”楽しいカメラライフを送っていこうと思います!

(・・・次はマクロレンズがほしい。)

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 家が落書きだらけにならないために!そして知っておくと便利な引っ越し情報サイトの引っ越さなくても使える情報について!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る