娘に「カッコイイ!」と言われるために、今のうちからやっておきたいことリスト(自分用)

のちパパです。1歳を過ぎてからの子供の成長が目に見えて早くなってきているこの頃。その成長の早さに驚きながらも「そういえば、子供には大人ってどう見えているのだろう?」という疑問が。

「子供にとって親は特別な存在」というのはもちろん覆らないものだと思いますが、それはいつまで?子供より勝っている部分があればよい?これからどんどん子供が成長していく中で、親はそのままでいいの?と、色々考えた結果、とりあえず子供と一緒に成長していくことがベストではないかという結論に。

子供が成長して、言葉を覚え、色々な感情を持ったときに、子供から「カッコイイ!」と言ってもらえるような大人になりたい!

ということで、勝手にリスト化してみました。これができるからカッコイイ!とは一概に言えないと思いますが、子供が成長するのであれば大人だって負けじと成長していきたいものです。

できるといいなぁリスト 見た目編>

とりあえずわかりやすいところから。やっぱり見いた目立って重要ですよね~。私は昔から球技が好きで、野球にバスケにサッカーに興味があるスポーツは何でもやっていました。冬になれば毎年スノボーに行っていたことも。

でも、それって結局過去の話なんですよね。「昔お父さんはすごかった!」を「今でもできる!」状態にしておきたいと思います。

 

(1)体型を維持しよう

何を食べてもどんだけ食べても太らなかった学生時代。若さってこわい・・・w たぶん太らない体質なんだろうなぁ、なんて考えていて今に至るわけですが、太ります!!!

もともと細身だったとはいえ、5年前から5キロ増ですよ。。。

体重を減らすために考えること

http://nochineta.net/weblog/archives/6909

太る原理を考えれば当り前ということですね。

個人的な観点としては、「太っているパパがカッコ悪い」ということではなくて「スポーツ万能だった!そして今も動ける!」と言いたい、見せたいがためにリストに入れてみました。

普通にサラリーマンをしてる私ですが、食生活と適度な運動を続け「動ける体」を維持したいと思います。

余談ですが、うちの兄は運動好きで週末には野球を定期的にやっています。その効果かどうかは分かりませんが子供の運動会で軽やかな動きを見せていたとのこと。

いきなり頑張っちゃって転ぶくらいなら笑い話ですが、けがしちゃったら・・・。

 

(2)服装は、嫁にチェックしてもらう

誰かに言われないと気付かないんですよね~服装って。知らず知らずに同じ服のヘビーローテーションになり、より簡単な服装になり・・・。それは避けたい。

これは、一番近くにいる嫁にお願いしよう。もちろん自分でも気を付けるのですが、当の本人は気付かないことが多いのです。最近同じ色の服しか持ってない?と思ったら要注意w

想像してみてください。家族で出かけるときに、おしゃれな家族ってのは理想的ですよね!

 

(3)子供の洋服を一緒に考える

もちろん可能な範囲で。好みはあると思いますのであくまで「おしゃれとは?」を養うために。また、パパが率先して子供の洋服を選ぶことができるのは個人的な理想形ですねw まずは自分から変わろう。そして、目指せおしゃれファミリー。

 

<できるといいなぁリスト 家事編>

これは、家の中でパパの存在について考えた時、平日は仕事しているから休日はぐーたら、、、っていうのはできるだけ避けた方がよいかもと思ったから。

その中で、例えば家事を今から癖づけておけばいつの間にか当たり前になったりするんじゃないかなぁと。

 

(4)休日のご飯はパパが作ってみる?

色々な兼ね合いで作れないこともありますが、少しずつ覚えていきたいことの1つですね。

父と娘の接点って実は案外少ないんじゃないかと考えています。親子とは言え、性別は違うしたぶんパパに言いにくいことなんてたくさん出てくると思うんです。

そこで性別が関係ない家事、特に料理なんかは1つの大きなコミュニケーションになるんじゃないかと思いました。ま1歳なので一緒に作ることはできませんが、例えば4年間週に1回料理を作るようになれば子供が5歳になるころには多少は成長していると願いたい!

<できるといいなぁリスト パパとしての心得編>

パパとして心掛けていきたい事をまとめてみました。見た目ではなくて子供との「絆」を強くしていきたいですね。

 

(5)聞く心を持って、子供から相談されるパパへ

この「聞く」という行為は実はすごい重要なことで、蔑にすると家族間に亀裂が入ってしまう恐れがあります。アクションとしては決して難しいことではないので、心がけていくことを忘れないようにしたいと思います。

「子供から相談されるパパ」ってカッコイイと思いませんか?信頼感のあるパパになれるよう、まずは「聞く」をちゃんとしたいと。また、子供とも嫁ともちゃんとコミュニケーションをとって自宅が「家族みんながいやすい場所」にしていきたいです。

 

(6)「怒る」と「叱る」は違うを理解する

Google先生で調べてみるとこんな検索結果を発見しました。

「叱る」というのは、相手のためを思って心に余裕があって行えることであり、「怒る」というのは、感情の赴くままに感情を爆発させた状態である。

なるほど。

1歳だと好奇心旺盛で自己主張もでてきて、でも言葉はなかなか通じないし話すこともできない。でも、ちゃんと話せばそれが悪いことだって感じるみたいですね。

これからもっともっとやんちゃになってくると思うので「叱る大切さ」もちゃんと考えていける大人になりたいと思います。

<できるといいなぁリスト その他>

(7)英語を話せるパパ

これはもはや自己満の域ですね。たぶん、これから英語が必ず必須になるんじゃないかと実感することが多々あります。海外旅行も気軽に行けるこのご時世なので、話せることにこしたことはない。

日常的な会話くらいはできるようになれたらいいなぁ。子供も言葉を勉強してるわけでし、負けずに頑張ろう。。。

 

これだけではないと思いますが、この時間に思ったことをとりあえずまとめてみました。また思いついたらどんどん追加して、子供に自慢してもらえるようなパパを目指したいと思います。

※追伸

娘はいつか父親を嫌う瞬間があるといいます。これは避けては通れない道なのか、それとも解決できるのか・・・。

 

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 日本の食材と組み合わせた珍しいフレーバールイボスティーに注目!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る