子どもの顔が映っていなくても可愛い写真は撮れる!5つのカテゴリに分けて写真をまとめてみた

子どもの笑った顔、怒った顔、泣いている顔。子どもは全力で感情を表現するので、どんな表情でも可愛く見えてしまうんですよねぇ。

ただ、私のブログでは子どもの顔にフォーカスを当てた写真はほぼありません。親ばか的に「我が子の可愛さを伝えたい!」という想いはもちろんありますけどね(笑)

「ブログのポリシー上、子どもの顔は出さない」

そんな中でも、子どもの可愛さをどうやって伝えようかなぁと思い撮影していたので、何かの参考になれば幸いです。ポイントは「子どもの小ささ」「子どもがいる可愛い雰囲気」を撮影するって感じですかね?

もちろん、自宅用には子どもの表情をたくさん撮影してあげてください(笑)

あえて顔を出さないように撮影した23枚の写真をどうぞ。

■子どもが持っているものを撮影

撮影するのは「子どもが持っているもの」というのがテーマ。

子どもは小さいですから、何か手一杯に持っていたり、大きいものを持っていたりすると可愛いかも。子どもならではの写真になるような気がしています。

私が撮影するときは、このような写真が多いように感じます(笑)

馬事公苑で撮影

IMG_8030

Taro Gomi's Play All Day7

IMG_7617

IMG_7587

東急プラザ 表参道原宿店6

子どもにピントを合わせないという意味では、こんな写真もありました!

IMG_7204

■子どもの行動を撮影

ふとした瞬間の子どもの行動は、大人の理解を簡単に超えてくることとかありませんか?そんな様子を撮影するのも面白いような気がしますね!

笑ってしまう行動もあり、何とも可愛らしい行動もあり!

東急プラザ 表参道原宿店8

IMG_8047

30mm F1.4 DC HSM_EOS Kiss X7_5

30mm F1.4 DC HSM_EOS Kiss X7_8

また、シンプルに子どもが何かをやっている様を撮影するのも良いと思います!

IMG_7868

トロ コーヒーアンドベーカリー (TOLO COFFE&BAKERY)子ども

■子どもがいる風景を撮影

「子どもがそこにいる!」

これにつきますね。あくまで風景の一部に子どもがいる写真です。この場合、正直我が子でなくても撮影できちゃうんですけど、そこはストーリー性ということで・・・!

馬事公苑で撮影2

IMG_7612

馬事公苑で撮影1

馬事公苑で撮影5

■子どもの目線を想像させる写真

「子ども」と「子どもが見ている先」を一緒に撮影します。

馬事公苑で撮影3

IMG_4227

IMG_7616

■「飛び道具」的な写真!

ちょっとした裏技的なやつですね。下の写真は、子どもは映っておらず「子どもの靴」だけ撮影。でも、なんとなく可愛くないですか?っていう感じの写真たちです(笑)

自然と花柄の靴

▼その名の通り「飛び道具」を使った写真。

IMG_7209

▼セピア加工

IMG_5824

■撮影に使っているカメラとレンズはこちら!

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ものをつくる楽しさを。最後のひと手間を残した「ヒトテマキット」。

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る