ツンデレ感がハンパないが9000円台の「キヤノンEF50mm F1.8 II」は単焦点レンズの楽しさを実感させてくれるレンズである!

SIGMA 30mm F1.4 DC HSMを購入してから忘れがちになっていた「Canon EF50mm F1.8 II」というレンズ。非常に軽く、EOS Kiss X7と組み合わせると、なんと500mlのペットボトルよりも軽い!

久々に家族で散歩に出かけるということで、この日は身軽に総重量526g(自分調べ)の超軽い組み合わせで遊んできましたよ!

P4050110

■EF50mm F1.8 IIというレンズってやつは・・・

まずレンズについてですが、数万円のレンズが普通に出回っている中で、このレンズはなんと9,000円台!(場合によっては8,000円台)

撮影できる写真のクオリティは高めだし、何より価格も安い。一眼レフカメラを購入して、これからカメラをもっと楽しみたい!という方にはピッタリなレンズの1つだと思います。

そして、単焦点レンズの楽しさを実感させてくれる良いレンズだと改めて感じましたよ!

P4050115

ただ、注意したい点としては「50mm」ということ。X7の場合、1.6倍計算になるので実質「80mm」になってしまいます。

下記、キヤノンの「EFレンズの基礎知識」より。50mmと50mm(80mm相当)の2枚を見てもらうとわかる通り、同じ場所から撮影しても狭い範囲しか撮影できません。

efレンズ

つまり、目の前の被写体を撮影する場合には、被写体から距離をおかないとファインダーの中に被写体が全部おさまらないことがあります。

下の写真は、目の前の子どもを撮影した写真。頭と足が映っていませんね・・・。

IMG_7434

こちらは、大型のクレーン。このように被写体が大きくなればなるほど、離れる距離も長くなるという感じです。

IMG_7386

■しかし、撮れるモノが良いから許しちゃう・・・

正直、購入した時は「不便すぎる」と思ったものの、結局自分の足を動かせば撮影できるからね。キレイな絵をとってくれるからね。許してしまうんだよなぁ。

もちろん、屋内や撮影スペースが狭い場所は本当に苦手なのでレンズキットについてくる18-55mmのレンズをお勧めしますよ。セットでついてくるレンズだからと言って侮れない!

レンズキットについてくる18-55mmレンズでどんな写真が撮れるかまとめてみた

さて、この日の散歩で撮影した写真はこんな感じです!

※EF50mm F1.8 II、EOS Kiss X7

IMG_7348

このレンズで撮るようになって「質感」を気にするようになった気がしますね。くっきり鮮明に撮れたり、背景がぼけるのでふわっとした雰囲気にもなるし。

下の写真なんかは、手のザラザラ感が表現されてる・・・(笑)

IMG_7352

この写真も質感という意味では良い感じがしている・・・。(あくまで個人的)

IMG_7354

こちらはゴムボール。

IMG_7359

公園にて。

IMG_7433

IMG_7428

IMG_7387

■撮影しているカメラとレンズはこちら!

【2013年度版】EF50mm F1.8 IIで撮影した写真まとめ

レンズキットについてくる18-55mmレンズでどんな写真が撮れるか

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 池袋新宿の英会話教室Revo

    【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る