赤ちゃんと触れ合う時の「7つの約束」

子供が生まれると色々な方にお披露目することが多くなると思いますが、その時に意識しておくとよいと思った「7つの約束」をまとめてみようと思います。これは子供がいる人ならわかる知識だったりしますが、この「7つの約束」を守ることで、自分も子供の家族もみんな幸せになると思っています。

「子供がいないから知らなかった」ではなく「知っておくべきこと」であり、「知っていたけれど注意できなかった」ではなく「注意すべき」なことなんだろうなぁと思ったので参考になれば幸いです!

ということで、自分なりの「赤ちゃんと触れ合う時の7つの約束」をまとめてみました。以下、思いついた順に並べていきます。(あくまで一部です。もっとほかにも注意すべき点はたくさんあると思います)

(1)赤ちゃんの頭は、あまり撫でない方が良い?!

赤ちゃんの頭がい骨は、複数の骨が繊維組織でゆるやかにつながって成り立っています。

頭のてっぺんよりやや額よりにある柔らかい部分があるのですがここが重要な部分で、この部分は骨に覆われていないため絶対に強い刺激を与えてはいけない部分らしいのです。

子供を産んだ人は、必ず出産時に教えてもらいます。つまりそのことを知っている親からすれば、何も知らずに子供の頭をなでるという行為は結構不安な行為になる可能性があります。

「優しく撫でるから大丈夫」ではなく「気を使ってほしい部分」という感じですね。知っていると知らないでは違いますので、ぜひ気にしてみてください!

(2)赤ちゃんの首は、ふにゃふにゃ

「首が据わる」って聞いたことはありますよね。生まれて数カ月の赤ちゃんは首がふにゃふにゃです。

勢い良く持ち上げたり、頭を支えないまま抱き上げたりすると首に大きなダメージを受けることがあります。子供を抱っこするときは脇に手を入れて持ち上げることが多いと思うのですが、それは赤ちゃんには負担になってしまいます。

必ず後頭部からしっかり支え、ゆっくり抱っこしてあげてください。その時も、(1)の部分にも要注意してくださいね!

(3)無理やり動かさないで

たまに握っている手(グーの状態の手)を開こうとする人がいます。

赤ちゃんの指は極細で、大人が少し力を入れるだけで簡単に怪我してしまいます。抱っこするときに指が服に引っかかるだけで怪我することがあるので、注意してください。

また、手だけではなく腕や足も大人が思っている以上に負担がかかりますので、優しく接してあげてください。

(4)爪やアクセサリーには気を付けて

赤ちゃんの肌はとても敏感で、すぐ傷ついてしまいます。そのため赤ちゃんに会うときは、付け爪を取れとは言いませんが「指輪」「時計(ブレスレット)」は外すことをお勧めします。

ネックレスなども下を向いたときに当たってしまうこともあるので要注意してください!

(5)抱っこしているときに、赤ちゃんが急に動いても慌てないで

抱っこしているときに急に動くことがあります。色々な要因はあると思いますが焦って落としてしまわぬようにしてください。

両親は自分たち以外が抱っこしているときは赤ちゃんを守ってあげることはできません。抱っこしている方が守ってあげてください!

(6)一番疲れているのは「お母さん」

子供が生まれた喜びで気付いていないこともあるのですが、出産の疲労と慣れない生活(一人目の子供であれば特に)を送っています。

子供のためにお母さんは辛さも辛いと言わず頑張っています。なので、お父さんはもちろん周りの人も(自分もですが)少しだけでも良いので気を遣ってあげてください。

その優しさが、お母さんの活力になるのではないかと思っています!

(7)思いやりは「赤ちゃん」だけではなく「両親」にも

赤ちゃんが生まれたら「いろんな人にかわいがってもらいたい!」と誰もが思うのですが、赤ちゃんは見世物ではありません。

「赤ちゃんに会いたいって言ってくれるのはうれしい、でもそれが両親に負担になる」というケースもありますので注意してください。

会いに行く側としてはほんの10分程度だとしても、会いに来ると分かっていればそれなりに準備をしたいのが本音。「いきなり来られても困る」それは言い過ぎかもしれませんが、小さな心遣いがほしいのです。

お母さんになっても、女性は女性。身内とは言え、その旦那さんや奥さんも連れてくるのであればなお気になってしまいます。自分の脱力している姿を見せてしまうんですからね。

「そんなの気にしないよ!」と言ってくれる人もいるのですが、それはちょっと違います。来てくれる人のために「おめかし」したいのではなく、自分の「準備」をしたいのです。

だから、アポなしで来られると困ってしまうこともありますので、注意してください!

ドアを開けた瞬間、授乳中だったらどうしますか?

着替え中だったらどうしますか?

友達でも身内でも、見られたくない姿はだれでもあるのでその部分は絶対に気を遣ってあげてくださいね。

一本メールを送るだけでいいんです。「今、大丈夫?」だけでいいんです。(赤ちゃんがそばにいることが多いので電話よりもメールの方が喜ばれると思います。)

あと、子供が生まれると生活リズムも変わるので「遅い時間」の定義も変わります。自分にとっての時間ではなく、小さな子供がいる家庭ということを忘れないでください。

とりあえず「7つの約束」をまとめてみました。どれも聞いてしまえば当たり前なような気がしますが、これを知っているのと知らないのとでは全然違うと思います。

自分の周りでも「本当は会いに行きたいけど、身をもって体験しているので我慢している」という人もいました。(ちょっと感動ですね)

このブログを読んで初めて知った人は絶対に忘れないでください!そしてその時になったら、見えない優しさをあげてください!

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ヒトテマキット

    ものをつくる楽しさを。最後のひと手間を残した「ヒトテマキット」。

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

  1. Amazonファミリー
  2. スージングナチュラルズすこやかナチュラルローション
  3. Amazonファミリーでおむつを
ページ上部へ戻る