自宅のおもちゃをスマホで操ることができる「MaBeee(マビー)」が面白すぎる!(PR)

MaBeee(マビー)」は、単3電池で動くおもちゃをスマホで操れるとっても夢のあるアイテムです!

自分の声で動いたり、ハンドルで操縦しているかのような体験ができたりと、お気にいりのおもちゃを自由に操作することができます。

特別なものは必要なく、このMaBeeeを電池に装着するだけで準備は完了!すぐにでも試してほしい、おもしろアイテムです。

是非チェックを!


drip

MaBeee(マビー)ってどんなもの?

単3電池で動いているおもちゃの電池に「MaBeee(マビー)」を1つ装着させるだけで、おもちゃをコントロールできます!

女の子に人気の動くぬいぐるみでも、男の子に大人気のプラレールも、走り続けるミニ四駆も、単3電池で動くものはすべて操作できます。

使ってみた感想としては、「動きが単純なおもちゃほどMaBeeeが活躍する!」という感じですね!ポイントは、電気のON/OFFと電流の強さを制御できるという部分で、いつもは見ているだけのおもちゃをより自分事化できる面白いアイテムなんです。

MaBeee本体はとってもシンプルなもので「電池カバー」と思っていただければと。

注意点は、単4電池を準備する必要があるということ!単4電池にMaBeeeを取り付け、単3電池として使用するイメージです。

今回は、動くぬいぐるみを使って色々試してみました!

操作については、スマホに専用アプリをインストールする必要がありますが、操作はものすごく簡単!推奨年齢は3歳以上なので、本当に幅広いお子さんに対応していると思いますよ。

操作方法は7種類で、おもちゃに合わせていろいろな遊び方ができるだけでなく、操作方法を変えることで同じおもちゃでも違う遊び方ができるのです。

無限だるまさんが転んだ!(声で操作)

私の幼少期は「ミニ四駆」がかなり流行っていたので、大声出しながらミニ四駆を操作するのとか面白そうだなぁと思っていたんですが、娘には思い届かず・・・!

動くぬいぐるみに装着して「だるまさんが転んだ!」をやってみました。(操作モードは「こえ」を選択)

声の大きさで電流の強さを制御できるので、ピッタリな遊び方です。

だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だっ!!

と言って振り向くと、動いていません。声に反応して動きますので、まじめにやればやるほど、絶対にぬいぐるみに勝てない仕組みです・・・!

しかし、「全然動かない!」としゃべった瞬間にアプリが声を察知!ぬいぐるみがウィーンと動き、ゲームは終わりを迎えました。これは本当に盛り上がる・・・!

「声の大きさでコントロール」「スマホを振ってコントロール」を使えば、声を出したり体を動かしたりしてぬいぐるみレースができます。これは、友達が集まった時に絶対に盛り上がる!!

また、プラレールなどについても、ボタンや傾きでコントロールすることでいつもは操縦できない電車もいつもと違う遊び方を楽しめますね!

動くおもちゃに限らず、イルミネーショングッズなどもMaBeeeとの相性は抜群です!

まずは、自宅にある単3電池で動くおもちゃを見てみましょう!そのおもちゃが「スマホで操れたらおもしろいな・・・!」と思ってたら、ぜひMaBeeeを検討してみてください。

※後日公開予定の後編では、だるまさんが転んだ以外の遊び方もレポートする予定です!※

【動画あり!】実際に遊んでみたレビューを追加しました!

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただいた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 【Revo体験レポート】中学校で学んだ単語を覚えてなくても大丈夫!復習に力を入れた英会話教室Revoを体験してきたよ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る