抱っこ紐ってどうやって選んでる?お父さんの抱っこ紐レポートまとめ!

抱っこ紐

抱っこ紐と言えば、やはり1度は購入検討に入るであろうエルゴのベビーキャリアなんかは超有名ですよね。

また、抱っこ紐を使うお父さんも増えてきているようで、安定性、機能性に加えて「男女どちらでも使えるデザイン性なんかも気になる!」という声も聞いたことがあります。

抱っこ紐レポートをいくつかまとめてみましたのでご参考までに!

■用途を考え、実際に試して比較する!

抱っこ紐には、色々な機能が備わっています。子どもを入れた際の安定性を重視してがっちりサポートがついている抱っこ紐や、動き易さを重視しているもの、抱っこもおんぶも前向きで抱っこもできるものもあります。

あとは、夫婦で兼用する場合には体格差があるケースが多いので、サイズ感も気にしなくてはいけないですよねぇ。もちろん、子どもを入れてみないとわからないことも多々あります。

下記の記事では、購入検討から購入に至るまでの紹介をしています!

ちなみに私は軽い腰痛持ち。妻は慢性的な肩こりがある為、これらの問題を解決すべく新しいだっこひもの購入検討をしてみました。

むねさだブログ

  1. 赤ちゃん用だっこひもの比較検討を行い、最終的にアップリカの新商品「コランハグ」にしたぞ!

ちなみに、アップリカの「コランハグ」の詳細レポートも書いているので合わせて読んでみるとわかりやすいと思います。

冬は服や外側におくるみ的なものを巻く事で防寒出来ますが、夏の暑い時期に少しでも快適に過ごして欲しいということでメッシュタイプで探していたくらい重視したポイントです。

むねさだブログ2

  1. 【新商品】だっこ紐は、日本人の体型にフィットするアップリカのコランハグを買ったぞ!

■大人の体へのフィット感も重要!

我が家ではというと、結果的に抱っこ紐3つにスリング2つを試してみたんですが、結論としては「大人も体に合わないとキツイ」ということに。

抱っこ紐を使う場合、ある程度長い時間抱っこすることになると思いますので、大人も子どもも「フィット感」が重要になるのかなぁと感じました。

スリングの場合は、なんといっても身軽さですよね。サッと出してサッと使えるのが最大の魅力なわけですよ。

キューズベリー「クロス抱っこ紐」と、ダッドウェイで販売している「トンガ」の記事を書いたことがありましたのでご参考までに。

オフィシャルページの「赤ちゃんの体重が半分に感じました!」というコメントを見てしまったせいか、試したくてしょうがなかったわけですよ。本当に軽く感じるのであれば、これは朗報すぎるわけで。

キューズベリークロス抱っこ紐使用感

  1. 【購入レポートその1】抱っこする子供の重さが半分になるキューズベリー「クロス抱っこ紐」を購入しました!
  2. 【購入レポートその2】キューズベリーのクロス抱っこ紐は、スリングと抱っこ紐を掛け合わせたアイテム!

トンガについては、普通の抱っこ紐とは形状が全く違うのでご参考になれば幸いです!

ポイントは「持ち運びやすい」「動きやすい」「シンプルでおしゃれ」といったところでしょうか。

tonga(トンガ)11

  1. フランスの抱っこひも「トンガ・フィット ベビーホルダー(tonga)」で、パパも手軽におしゃれにアクティブに!

抱っこ紐は、実際に使ってみないとわからないこともあるかと思うので、可能であれば試着をお勧めします。

また、メーカーによっては体に合わなかったときに返却・返金サービスを行っているところもありますので、webで購入する際にはチェックしてみてください!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 指1本で調節可能!日本の職人が作った独自構造のカメラストラップ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る