「さ行」が言えるようになりました。

本ブログには「子育てカテゴリ」があるのですが、子育てと言えるほどの内容を更新できていないと思います(笑)

当たり前の生活すぎてブログに書くこともない、みたいな。

でも、パパ友メンバーと話すと「あーわかる!」ということもあれば「それ、斬新だね・・・!」とかいろいろな発見があって楽しいですよねぇ!少しずつ書ければと思っています。

他にも、本ブログのお問い合わせフォームから、子どもとの関わりについて質問が来たり。私なんかの回答で役に立つのであれば、可能な限りお返事しようと思います。

さて、今日は「さ行」が言えるようになったお話。

さた2

私「さぁ、公園に遊びに行くよ!」

子「いいね!僕、探偵!」

私「探偵なんて知ってるんだね?!(某探偵アニメでも見たのかな?)」

子「探偵だから、早くいくよ!」

私「よし、行こう!」

改めて文字にすると違和感がありますが「子どもとの会話」の中でのお話なので、その時は何の違和感もなく会話していました。

私「探偵ごっこってどうやるの?」

子「え?違う違う!探偵だよ探偵!」

私「ん?」

子「だから、た・ん・て・い!」

私「お、おう。」

私「た?」

子「違う。た」

私「た??」

子「た!」

私「た???」

子「た・・・!(怒」

私「お、おう。」

・・・・・

私「さ?」

子「とう!た!!やっとわかったね!パパったらー!」

私「お、おう・・・。」

子どもは、子どもは公園に行くことに「たんてい(さんせい)」していたようですね。

■そんな子どもが成長しました。

改めて考えると、意外にさ行の言葉があったなぁ。

  • サンタさん → たんたたん
  • 寿司 → 土
  • 先生 → てんてい etc…

そんな子どもですが、なんとここ数日でいきなり「さ行」を言えるようになったんですよ。正確に「さ・し・す・せ・そ」と。

きっかけはわかりませんが、いきなりナイスな発音に。

これはすごい・・・!

と喜ぶ半面、子どもがどんどん成長していく姿に寂しさもありつつ。

親心とは複雑なものですな(笑)

子どもが成長すると大人も色々な発見もあるし、考えさせられることも。共に成長したいと思います。

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ギフトにかわいいケーキを!「ル・パティシエ」の今治タオルケーキ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る