「美味しい」を考えるイベント「おいしい教室 ~落語と食のじかん~」に参加してきました!

スープストックトーキョーさんが主宰するイベント「おいしい教室」にご招待いただきまして、「おいしい教室 ~落語と食のじかん~」に参加してきました。

おいしい教室とは、「食」を起点に「おいしいって何?」を考えるワークショップです。

今回は特別編ということで、落語家・柳家花緑さんをゲストに招き「落語と食」についてだったんですが、とっても斬新ですよね。

当日の様子をご紹介できればと思います。

▼左:柳家花緑さん、右:遠山正道さん(スマイルズ代表取締役社長)

おいしい教室〜落語と食のじかん〜

■実は親しみやすい落語。

第一部は、柳家花緑さんによる演目。

私自身、落語は初めてだったんですが、会場の空気が徐々に温まっていく様子に「これはすごい・・・!」という気持ちの方が強くて、私もひきこまれていきました。

落語は「落語家がお客さんに向かって話しをするもの」という印象でしたが、聞き手を自分の方に惹きつける話術がおもしろい!

面白いことを言えばいいわけじゃない、というのが良くわかりました。

おいしい教室〜落語と食のじかん〜2

落語は、日々の暮らしや娯楽などの日常を題材にしているということもあって、意外とすんなり入って来る印象でしたね!

この日の演目は「初天神」と「時そば」の2席。おいしい教室にちなんで、食が登場する演目をご用意いただいたんですが、話術だけではなく「表情」「技術」がそれぞれすごいんです・・・!

当日は、演目の妨げになるため撮影を控える形となってしまいましたが、生で見る落語の魅力を体感することができたと思います。

「初天神」は、親子のよくある会話が題材になっていて「あ、わかる・・・!」というポイントが本当に多いお話です。近年、子どもにも人気のようで、このお話は親子で楽しめる古典落語の1つなんだとか。

「時そば」は、古典落語の中でも広く知られている1つということで、その情景を簡単にイメージすることができました。

「簡単にイメージすることができた」

これが重要なポイントなんです。落語は、基本的には「言葉」と「表現力」でストーリーを進めなくてはいけません。

聞き手側がイメージできなくては、話は一切入ってきませんからね。

「食」が登場する演目で重要なのが「食べるしぐさ」。蕎麦をすする音、団子の蜜をなめる音。そして、その時の表情と会話・・・!

これらが合わさって、「食べる」を表現しているんですよねぇ。

人が何かを食べる時の様子を、一番熟知しているのではないかと思ってしまいました。

美味しい時の表情、まずいそばを口にした時の曇った顔と間のとり方。最高でした。

▼大好きなネクタイブランド「ジラフ」が作った座布団で話す柳家花緑さん

おいしい教室〜落語と食のじかん〜3

ちなみに、食べるだけの演目は落語にはないそうです。

落語ちょっと興味あるな・・・!という方は、落語家の表情、しぐさ、間のとり方に是非ご注目ください!

■世界が広がるトークセッション

おいしい教室〜落語と食のじかん〜9

その後、ジャケットスタイルに着替えた柳家花緑さんと、遠山正道さんによるトークセッションがスタート。

終始笑いが絶えない時間だったと思います。

記事では表現しにくくて恐縮ですが、とても明るくざっくばらんにお話しする柳家花緑さんと、独自の世界観を持つ遠山さんの会話は、テーマを設定しなければ色々な方向へ話が広がっていきそうな気配でした。

話を聞いている中で感じたのが「アート」とのコラボについて。

スープは食べ物であり、落語は庶民の娯楽からスタート。どちらも、新たな可能性を追求するという意味では色々な切り口があり、可能性は無限だな・・・と感じましたね。

「現代アートと落語の組み合わせはよい」

そんな言葉がとても印象的なトークセッションでした。

そして、今後のスープストックトーキョーのコラボ企画にも期待しています!

■「落語と食のじかん」にちなんだ食事で懇親会

おいしい教室〜落語と食のじかん〜10

懇親会では、「落語と食のじかん」にちなんだ食事をご用意いただきました。

いなり寿司は、具材をよりシンプルに酸味を強めに。そして、漬物と共にいただきます。

おいしい教室〜落語と食のじかん〜12

食事は、スープストックトーキョーで10年以上レシピ開発に携わっているフードプランナーの桑折さんが監修。

お忙しい中、キッチンにちょっとだけお邪魔させていただきましたが、とても笑顔が素敵な方でした。

実は、スープストックと私の出会いは、子どもの食事がきっかけだったんですよねぇ。子どもが良く食べたんですよ。本当に。

お洒落なスープ専門店でありながら、我が家はファミリーでお世話になっています。

おいしい教室〜落語と食のじかん〜17

さて、会場では「八海山」をはじめ、スープストックトーキョーののれんを付けた屋台で、鍋と蒸したての饅頭がふるまわれていました。

最近日本酒にハマっている私としては、本当にうれしい限りで・・・!和食を楽しませていただきました。

▼この日の乾杯は八海山!

おいしい教室〜落語と食のじかん〜13

▼スープストックトーキョー屋台

おいしい教室〜落語と食のじかん〜14

▼こちらも笑顔が素敵な饅頭屋さん・・・!

おいしい教室〜落語と食のじかん〜15

初めての参加になった「おいしい教室」は、スープストックトーキョー主宰ながらも、スープだけにとらわれないというのが魅力的だったと思います。

今回の落語とのコラボでは、ある意味「別次元とのコラボ」ということで、参加者側にもちょっとした閃きがあったんじゃないかなぁと私は感じました。

また、2016年2月1日、株式会社スープストックトーキョーが設立したそうです。なんと、1号店がオープンしてから17年目・・・!

今後のご活躍を心よりお祈りいたします。

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)が驚きと会話を生み出す!光を操る姿に子どもも大人も夢中にさせるよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る