大人なかき氷を食べたい方はぜひ!しもきた茶苑大山で「微糖抹茶」と「黒蜜きなこ」を食べてきたよ!

シーズン関係なくかき氷が大好きです。

茶師十段がいる日本茶専門店・喫茶「しもきた茶苑大山」にて、かき氷を食べてきました!

この日は寒いこともありすぐに入れましたが、基本的には待つのが普通という人気店です。夏なんかは、午前中で整理券がなくなってしまうくらいですよ・・・。

氷の削り方が違うんだと思いますが、外側と内側で食感の違う氷に、大人なシロップをかけて食べるかき氷は最高です!

しもきた茶苑大山_微糖抹茶(京都産)

■受付が簡単になった・・・!

夏場は整理券を配り、冬場は整理券は配らないまでもお店の前に列をなしていたこのお店。

久しぶりに行ってみたら、なんと整理券を自動で発行できるようになっていましたよ・・・!

しもきた茶苑大山

操作は簡単で、タッチして人数を入力し整理券を出すだけ。

待ってる組が多いようであれば下北沢の街を散策してもいいですし、その場でずっと待ってなくてもよくなったのは嬉しいことですね!

しもきた茶苑大山_受付

■かき氷とほうじ茶を堪能!

メニューはテーブルの上にあるのですが、おすすめメニューや旬のメニューは壁にかかっています!

季節のかき氷は「あまざけ」だったようで、これは非常に気になりますね。しかも、本日(1月11日)からスタートしたらしく、自家製あまざけのため数量限定だそうですよ!

また、より大人な味わいを楽しめる微糖抹茶などもありました。

しもきた茶苑大山_メニュー

1階にはお茶屋さんがあり、お茶を炒っているときは横を通るとお茶のいい香りがするんですよねぇ。

お茶屋さんの喫茶であるこのお店は、このほうじ茶も飲めるのが嬉しいところですね。甘味と合わせてどうぞ。(ほうじ茶はセルフサービスです!)

しもきた茶苑大山_ほうじ茶

さて、まずは「黒蜜きなこ」のかき氷です。

黒蜜と氷のバランスが最高で、黒蜜の甘さだけが際立つわけではないからすごい・・・!「甘ったるくて食べられない・・・」なんてことがないんですよ!

また、きなこをかけることでより大人っぽい味わいになるような気がします。

しもきた茶苑大山_黒蜜きなこ

外側に黒蜜がかかっていますので、内側に崩しながら食べていくのが良いと思います。

油断すると、外側がガサっと落ちてしまうので注意です!

しもきた茶苑大山_黒蜜きなこ2

下の写真は「微糖抹茶」のかき氷です。このシロップが独特ですよねぇ・・・!

微糖ということで甘さ控えめの抹茶は、まさに大人のかき氷。次回行ったときには、お茶系のかき氷を食べてみようかなぁ。

このほかにも、お茶系のシロップをはじめ、ミルクや果物シロップを使ったかき氷などもありますので、選ぶのに困ってしまうのです・・・!

しもきた茶苑大山_微糖抹茶(京都産)

しもきた茶苑大山_微糖抹茶(京都産)2

今回は、子ども用に「素氷」に「ミルクシロップ」「白玉」をトッピング。

通常のかき氷は、氷を削りながら途中でシロップをかけながら作っていくのですが、素氷にシロップのトッピングだと自分でシロップをかける形になります。

子ども用にはこれがぴったりです。

しもきた茶苑大山_完食

最後に、温かいほうじ茶で口を整えます。

しもきた茶苑大山_ほうじ茶2

大人なかき氷は、冬でも営業中ですよ!

営業時間やマップについては公式ページにてご確認くださいませ。下北沢駅北口より徒歩2分程度ですので、かき氷好きな方はぜひ。

もちろん、茶師のお茶と甘味を味わいたい方も是非どうぞ。

しもきた茶苑大山(日本茶専門店・喫茶・茶師十段)

その他「子どもと一緒に行ったお店」カテゴリの記事はこちらよりどうぞ。

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 無料体験から広がる魅力がそこに!ネスカフェ アンバサダー出張デモサービスを体験!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る