翌日発送可能!Amazonストア「つながるプリント.com」で年賀状や寒中見舞いを作ってみよう!(AD)

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

子どもの顔がきれいに映っている写真を選んで、と。

さて、師走の年賀状(寒中見舞い)づくりのシーズンがやってまいりましたね。

子どもが生まれてからは、なかなか会えない親族への「元気にやってますよ!」の証として、友人には「今年も宜しくね!」の気持ちを年賀状や寒中見舞いとして送っています。

しかしながら、枚数が多くなればなるほど大変なのも事実!

そこで今回ご紹介するのが、Amazonストア「つながるプリント.com」です。Amazonで年賀状を発注したことがなかったので、これは面白いと思いレビューしてみます!

つながるプリント.com

■さっそくAmazonから発注してみよう!

そもそも「つながるプリント.com」では、ビジネスでも使える挨拶状から写真や柄を印刷したオリジナル封筒の制作などできる、印刷のプロフェッショナルです。

また、つながるプリント.comを運営する「ワキプリントピア」という会社は、年賀状を年間50万件印刷し、30年の実績を誇る年賀状・寒中印刷のプロだそうです。

年賀状の印刷については、Amazonストアの方で実施されているようですね!我が家は、Amazonファミリーに入会していることもあり、Amazonを多用しているんです。

そういう方は特にメリットがあると思います!

さて「つながるプリント.com(Amazonストア)」へ行ってみましょう。

つながるプリント.comトップ

今回は、年賀状作成をしてみました。まず種類は「イラストタイプ」「写真タイプ」「データ印刷年賀状」の3種類で、選ぶことができます!

我が家では、イラストタイプと写真タイプを使い分けていますので、この2種類を注文してみました。

注文枚数は、10枚から200枚となっていますね!これだけ細かく注文できるのはうれしいです。

hagaki

さて、ここで気になるのがはがきのお値段。

もうね。いちいち計算するのがめんどくさかったので、表にしてみました・・・!宛名印刷無料に加え、Amazonポイントが付くのが特徴ですね。

この時は、10%分のAmazonポイントが付きましたので、それを値引きととらえるのであれば、最安値で1枚当たり103円(年賀はがき代含む)になります。

図1

必要な年賀状を選択し、買い物かごに入れたらAmazonストアの中で購入します!

流れとしては「Amazonストアではがきを購入」→「登録しているメールアドレスに専用のURLが届く」→「クリックしてはがきを編集」という流れです!

また、近年Amazonギフト券をもらうことも増えているかと思います。使い道なくて困ってるんだよね・・・という方は、ぜひこういう機会に使ってみてください。

Amazon年賀状2

■はがきを編集してみよう!

さて、Amazonストアで購入を済ませると登録したメールアドレスに専用URLが届きます。

これをクリックすると、はがきの編集が行える画面に切り替わります!注文したはがきは、種類によって編集が異なりますのでそれぞれ行っていきます。

つながるプリント.com注文

写真を選択すると、「注文時に選択した絵柄」を見ながらほかの絵柄も再度確認できます!もし変更したくなったら、ここで必ず変更するようにしてください。

問題なければ、選択し進めていきます。

つながるプリント.com注文注文

差出人レイアウトももちろん決めることができます。

さすが印刷のプロフェッショナルというべきか、痒い所に手が届く・・・!「会社」などグループで出したい場合のレイアウトと、個人用のレイアウトがちゃんと分かれてるんですよねぇ。

これは便利。

住所つながるプリント.com差出人

差出人の名前にも、ちゃんと「旧姓」を入れられる項目が。その他にも、メールアドレスやホームページなども入れることができますよ!

住所つながるプリント.com入力

我が家は手書きがほとんどですが、枚数が多い場合には宛名印刷も便利ですよね!

無料でできますので、宛名の準備をした上ではがきの編集作業に取り掛かってください。データは、エクセルデータでの一括登録も可能のようです。

つながるプリント.com注文7

さて、次は画像の編集について。

イラストの中に好きな写真を差し込むタイムのはがきを選んだ方は、この画面で作業を行います!

アップロードする写真のサイズは「5MB」まで。一眼レフなどで撮影している方は、アップロードの際にはお気を付けください。

つながるプリント.com注文6

写真の位置を微調整すれば完成です!作業は本当に簡単。

また、文字編集、画像編集、現行編集などもできますので、いろいろお好みで調整できると思います!

つながるプリント.com注文5

各はがきの編集が終わったら完了です。

編集後、注文が完了したら、基本的には翌日発送が可能とのことです!

■年賀状と寒中見舞いについて

「A Happy New Year!!!」と、新しい年を祝うのもいいと思います。

ただ、大人になって改めて思うと「昨年は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いいたします。」というのは、なにかこう日本人っぽいというか。

こういう細かい部分が日本人のコミュニケーションなんだなぁと改めて感じましたね。

今年は、プロのノウハウを生かしたはがきに想いをのせて投函してみませんか?

年賀状印刷の申し込みは、2015年12月28日(月)まで。寒中見舞いの申し込みは2016年1月31日(日)までとのことです。

宛名印刷あり・ポストカードタイプの場合は12月25日(金)までらしいので、お早めにどうぞ。

つながるプリント.com

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. BRIGHT BUGZ(ブライトバグズ)が驚きと会話を生み出す!光を操る姿に子どもも大人も夢中にさせるよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る