ものをつくる楽しさを。最後のひと手間を残した「ヒトテマキット」。

「世界のこどもたちに、笑顔と希望を。」

こんなコンセプトを持っている通販サイト「Abby Life – エスプレッソのある生活」から、「ヒトテマキット」をいただきました。

物を作る楽しさを体験してもらうために、最後のひと手間をわざと残したこのキット。オリジナリティはもちろん、自分で作ったからこその想い入れがある1品を作ることができそうです!

木のスプーン

■ヒノキのヒトテマキット。

材料の木は、ヒノキの間伐材。それからつくった建材の端材からつくれるようにしたそうです。

ヒノキの香りももちろん残っていて、封を開けた時の香りがたまりません。

さて、最後のひと手間については「自分でアレンジできる工程」が2つ残されています!

ヒトテマキット

百年の森林3

ヒトテマキットは、「スプーン」「フォーク」「バターナイフ」の3種類ありまして、それぞれ基本的な形にカットしてくれていますので、ここから形を整えるヒトテマを加えていきます!

ヒトテマキット3

用意するものは、クラフトナイフ、彫刻刀(丸刀)、紙やすりなどです。

けづる前のスプーンは写真のとおり角ばっていますので、彫刻刀などで削り、ほり、紙やすりでつるつるにしていきます!

実家には、中学生時代に購入した彫刻刀一式があったような気がしますが、さすがに今は持ってなかったなぁ・・・。

ただ、子ども用に親がオリジナルスプーンを作ってあげたり、子ども自身が作ってみたり、オリジナルのアイテムを作るというのは本当に魅力的!

ヒトテマキット4

まずは、道具を揃えないとなぁ。東急ハンズなどで、彫刻刀や紙やすりはそろいそうですね!

ヒトテマに、オリジナリティと想いを。

ヒトテマキット、おすすめですよ!

ヒトテマキット2

ヒトテマキット(Abby Lifeより)

関連記事

学校給食を飢餓で苦しむ世界の子どもたちへ!あなたの幸せを少しだけ分けてみませんか?

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ディズニーバンカーリングが予想以上に便利!このリング1つでスマートフォンが変わるよ!

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る