東京の手みやげ8選を食べくらべ!子どもと一緒に参加して投票してきました!

東京おみやげ食べくらべ会i

2015年9月12日に開催された「東京手みやげ食べくらべ会」に、子どもと参加してきました。

我が家、甘いものが大好きで、子どもの好物はなんと草餅なんですよ!ケーキなどの洋菓子よりも和菓子のほうが好きな感じですね。

そんな子どもと共に行ってきた食べくらべ会。さすがに8品は食べ応えがありましたが、どれもおいしくいただきましたよ!

それぞれ簡単ではありますがご紹介できればと思います!

(table coordinate:yocco

■東京手みやげ食べくらべ会について

東京おみやげ食べくらべ会

東京都心で買える和菓子をテーマに、アドバイザーに約30種類以上の和菓子をリストアップしてもらったそうです!その中から試食を行い8品に絞ったんだとか。

最大のポイントは「手土産」という部分なので、「安ければいい!」「高ければいい!」というわけではなく、ちょっとしたおしゃれさや食べやすさなんかもポイントだったりしますよね!

スタッフの皆さんお疲れさまでした!

<主催メンバー>

■和をテーマにした手みやげ8品がこちら!

東京おみやげ食べくらべ会2

前日に、あんみつを熱望していた娘ですが、この日会場でいちばん気になっているものを聞いてみると、揚げまんじゅうを選んでました!

確かにおいしそう。

実際に8品を食べてみましたので感想をまとめてみましたよ!

・あんみつ(あんみつみはし・上野)

あんみつ(あんみつみはし・上野)

ちょっといい手土産の代表といえば、やはり「あんみつ」でしょう!

戦後間もない昭和23年創業のお店が展開するあんみつは、甘すぎないのがいいですね。あんと寒天、みかんと非常にシンプルながら、手土産としてのクオリティは非常に高いものがあると思います!

東京おみやげ食べくらべ会あんみつみはし

また、あんみつといえば、自分で具材をのせるのも意外と楽しみの1つ。

あんこが苦手でなければお勧めですね!

東京おみやげ食べくらべ会あんみつみはし2

・かりんとう(ゆしま花月・湯島)

今回、子どもとともに「一番いいね!」という話になったのが、このかりんとう!何だかんだ万人うけするという部分が子どもと。

湯島で60年以上親しまれてきた「ゆしま花月」のかりんとうは、温度の違う油で3回揚げ、黒砂糖、白砂糖、煮詰めた飴を絡ませ・・・!

品のいい甘さが良い感じです!

かりんとう(ゆしま花月・湯島)

なんだかんだ手が伸びてしまうかりんとうは、手土産にぴったりかもしれませんね!

東京おみやげ食べくらべ会かりんとう

・もなか(瑞穂・外苑前)

東京三大大福と言われる大福が有名な「瑞穂」。ここのもなかがエントリーしていましたよ!

サクサクとした皮に北海道産の大納言が入ったもなかは、あんこ好きにはたまらない1品ですねぇ。

もなか(瑞穂・外苑前)

子どもは、口の中の上の方にくっつくから苦手・・・と言っていましたが(笑)

お茶うけとしては、かなりおすすめだと思います!

東京おみやげ食べくらべ会もなか

・久寿もち(日本橋長門)

江戸時代創業の超老舗店からは、本わらび粉と砂糖で練り上げた久寿もちは、食感もよく食べやすい印象ですね。

あんこが苦手な方には、こういう和菓子が良いんでしょうね!

餅好きの子どもが、ペロッと完食させていただきました・・・!

久寿もち(日本橋長門)

主張しすぎない味が、手土産としてウケがいいのかもしれませんな。

緑茶よりも香ばしい玄米茶とかと一緒に食べてみたいなぁと思いました。

東京おみやげ食べくらべ会もち

・黒船どらやき(黒船・自由が丘)

もち粉が入った黒糖風味の生地が最高においしかった黒船どらやき!

単品のおやつとして考えると、私はこのどらやきがものすごく大好きですねぇ。もちもちの生地とあんが最高・・・。サイズも程よくおやつとして重宝しそうな1品です!

黒船どらやき(黒船・自由が丘)

1つずつ包装されているので、ちょっとした特別感もあって手土産にいいかもしれません!

東京おみやげ食べくらべ会どらやき

・揚げまんじゅう(竹むら・神田須田町)

ファーストインプレッションで、子どもが気になっていた揚げまんじゅう!店頭では、温かいまま提供されていているそうです。

この日は、イベント用に購入したこともあり、少々油でしなしなになってしまっていましたね。電子レンジなどで温めるとおいしく食べられそうです!

しかしながら、実際にできたてを食べてみたくなりますなぁ。

カラッと揚げた人気の一品を食べに行ってみたいと思います!

揚げまんじゅう(竹むら・神田須田町)

・板あめ 羽一衣(Ameya Eitaro・新宿)

色々な色を重ねると、かわいらしさすら感じる羽一衣(はねひとえ)。

砂糖と水飴で作った有平糖を板状にしたもので、とても軽くパキっと割れる食感と口どけの良さがいい感じですね。

板あめ 羽一衣(Ameya Eitaro・新宿)

・利休ふやき(菓匠 菊屋・南青山)

麩菓子に黒砂糖で作った密でコーティングした利休ふやき。

予想以上に甘くて、サクサクとした食感もよい感じ。甘いのが苦手な方は、お気を付けください!

何やら、千利休が残した文献をもとに作られたというお菓子だそうで。

利休ふやき(菓匠 菊屋・南青山)

■参加者の投票結果がこちら!

イベントの最後に、参加者の皆で投票した結果がこちらです!

  • 1位:久寿もち、黒船どらやき
  • 2位:かりんとう

上位3品が差を開いた結果となりました。

賞味期限が2~3日間の2品が1位、賞味期限が2か月程度のかりんとうが2位となりましたよ。

東京おみやげ食べくらべ会しおこんぶ

ちなみに、会場で「おいしい!」と声が上がったのが、この塩昆布(笑)

エントリーしている品ではなかったんですが、予想以上に美味しかったな・・・。手土産に塩昆布を持っていき、お茶とともに。

実はこれもお勧めだったりします・・・!

スポンサードリンク


かなりお世話になったアイテム!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ディズニーバンカーリングが予想以上に便利!このリング1つでスマートフォンが変わるよ!

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る