子ども用グッズもあるよ!東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの「東京ベイ舞浜ホテル」が子連れにもお勧め!!

家族でディズニーランドやシーに行くときは、できる限りゆったり過ごせるように1泊2日で行くことがほとんどです。

過去、ディズニーランドホテルに泊まった時には、もはやホテルそのものがディズニーの世界で子どもはそれだけで大満足・・・!しかし、毎回いけるわけではなく。

そこで、意外に愛用しているのが東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの「東京ベイ舞浜ホテル」というホテルです。

安いときには、大人1名1泊1万円切るんですよ?!しかも、シーズンごとに用意しているちょっと特別な部屋がいい感じなんですよ。

子どもの反応と合わせてレポートしたいと思います!

▼イースタールーム時の部屋の様子!

東京ベイ舞浜ホテル_部屋

■子どもにとってはホテルまでの過程も重要!

「楽しい場所に行けるから長い移動時間も頑張れる!」

そんな聞き分けのいい子も少ないことでしょう。電車は見るのは好きだけど乗るのは嫌い!そんな我が子たちですが、「ミッキーの電車とバスに乗れる!」というのもディズニーリゾートに遊びに行くときのモチベーションだったりしています!

さて、東京ベイ舞浜ホテルに行く際にはディズニーリゾートラインに乗るわけですが、子どもたちはディズニーキャラクター探しに熱が入ります。

東京ベイ舞浜ホテルへ

▼これにつかまりたくて、抱っこ状態な時も。

東京ベイ舞浜ホテルへ2

意外に気付かないミッキー型の窓。のぞいている本人たちは気づいていないから面白いんですよねぇ!

それにしても、大人から見たら気にもしないような事に驚き、感動を覚える姿を見ていると、今の自分を考えさせられますな。

東京ベイ舞浜ホテルへ9

さて、ベイサイドステーションにて下車するんですが、ホテルまでは「ディズニーリゾートクルーザー」で向かいます。

このバスの外装はもちろん内装に子どもたちがわくわくするのでした・・・!

東京ベイ舞浜ホテルへ6

バスの中は、ミッキーモチーフのものがたくさん!

車内アナウンスもディズニーキャラクターが登場するもんだから、もはや1つのアトラクションに近いですよねぇ。 ディズニーリゾートに抜かりなし!という感じ。

たまに、運転手さんのキャラクターが濃すぎて笑ってしまうこともあるので、ある意味見ものだと思われます(笑)

東京ベイ舞浜ホテルへ3

▼バスの後ろにはミッキーもいます!

東京ベイ舞浜ホテルへ4

■東京ベイ舞浜ホテルのイースタールーム!

筒状になっている形が印象的な東京ベイ舞浜ホテルの部屋は、ディズニーランド側、海側、それ以外の3種類になるのかな?

ほとんどの場合、部屋に戻ってきてお風呂に入って寝るだけなので、実はあまり夜景を気にしておらず。

宿泊プランに「部屋の位置は選べません!(でも料金がちょっと安め)」的なプランがあるんですが、これで全く問題ないですね。

東京ベイ舞浜ホテル_部屋11

時期的に「イースタールーム」という部屋があったので、泊まってみました!シーズンによって色々やっているようなので、チェックしてみてください。

部屋としてはスタンダードタイプの部屋なんですが、こうやってすこし手が加わってるだけで特別感があるんですよねぇ。

ちなみに、このホテルでは下記のようなサービスもあります!貸出品は、事前にお願いする必要があるので、お忘れのないように。

我が家は、落下防止の柵をつけてもらい、ベッド2つを壁側にくっつけてもらいました!

東京ベイ舞浜ホテル_部屋4

  • 添い寝は、未就学児までOK。(小学生不可)
  • 子ども用グッズとして、ナイトウェア(セパレート型)、スリッパ、歯ブラシ、踏み台を用意
  • 貸出では、ベビーコット(1才未満用)、ベッドガード、ナイトウェア(ワンピース型)、ブランケット、おねしょパッド、便座、調乳ポット、ベビーカー(有料)を用意

▼個人的には、このソファーがお気に入りの場所です!

東京ベイ舞浜ホテル_部屋2

お風呂は、大人もゆったり入れるくらいのサイズなので、1日の疲れをゆっくりと癒しましょう。 総じて、シンプルながらなかなかくつろげる部屋だと思います!

東京ベイ舞浜ホテル_風呂

■朝食は、ホテル中央にあるレストランにて。

朝食つきプランでは、ホテルの中央にあるレストランでの食事がついてくると思います!

筒所のホテルの中央にあるので、エレベーターから見るとこんな感じ。朝8時くらいにはいかないと列ができてしまうので、少し早起きがお勧めですね!

ちなみに、白く光っている床の席が写真右側にあると思うんですが、こちらは少しランクアップされたプランで、待ち時間なしで入ることができるはずです。

東京ベイ舞浜ホテル_レストラン

食事はバイキング形式で、和洋中様々な料理が並んでいます! 朝食時でもシェフが目の前で料理をしてくれるコーナーもありますので、ぜひどうぞ。

東京ベイ舞浜ホテル_レストラン2

▼レストランを上からのぞく我が子

東京ベイ舞浜ホテル_レストラン3

▼レストランの横にはミッキーが!

東京ベイ舞浜ホテル_ミッキー

過去、ディズニーランドホテルに泊まった時を思うと「泊まれるのであれば何度でも泊まりたい!」というのが正直なところではあります(笑)

しかしながら、予想以上に子連れにおすすめだったので、ホテルを選ぶ際のご参考になれば幸いです!

ディズニーランド関連のレポートはこちらよりどうぞ!

→子連れ旅行関連のレポートはこちらよりどうぞ!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. Refresh Tea Life!赤ちゃんから妊婦さんまでルイボスティーのある生活をご提案します!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る