暗い館内に特別感たっぷり!子連れですみだ水族館に行ってきたよ!

初めてすみだ水族館に行ってきたんですが、なかなか楽しめたのでレポートを。

水族館の中は、全体的に暗い感じで「イルミネーション」を見ているような場所があったり、魚やクラゲがライトアップされていたり、面白かったです!

必然的にスカイツリーも見ることができるんですが、真下から見るとここまで迫力があるとはなぁ。子どもと一緒にテンションが上がってしまいました!

これも楽しみの1つですかね。

すみだ水族館_クラゲ2

■スカイツリーの根元にあるすみだ水族館!

場所はご紹介するまでもなくではありますが、東京スカイツリータウン・ソラマチの5F・6Fがすみだ水族館になります。

まぁ、注意するとしたらすみだ水族館の入口まで結構歩くということでしょうか。建物自体が大きくて水族館の入口までなかなか歩くので、水族館の入口で待ち合わせをしている場合には、少しお早目に!

▼すみだ水族館入口!

すみだ水族館

すみだ水族館の先に庭のようなものがあるんですが、ここに出るとスカイツリーがよく見える・・・!

入場券を購入する際に、列に並ぶ班と待ってる班に分かれるようでしたら、この庭で少し時間つぶしができると思います。

すみだ水族館_2

▼暇つぶしのダッシュ。

すみだ水族館_5

■水族館の中を少しだけご紹介!

子どもと一緒にまわったわけですが、大人が感動する場所と子どもが感動する場所が微妙に違ったのが面白かったですね。子どもと「なぜこの場所が好きなのか」で会話が弾みます。

さて、水族館の中をいろいろ見ている中で、やはりこの大型水槽は子どものテンションも上がりっぱなしでしたね。

「東京諸島」の海をテーマした東京大水槽というゾーンでは、大きなサメやエイなんかが泳いでいて迫力がありましたね。

すみだ水族館_10

大水槽の前には、イスなどが設置されているので人が少なければゆったりと眺められそう。子どもたちは、ガラスに張り付いてお気に入りの魚を探すのでした。

見て楽しかっただけではなく、ぜひ親子の会話のネタになればいいなぁと思いますので、大人もしっかり楽しんだほうがよいかと思います!

すみだ水族館_7

予想以上に子どもが盛り上がらなかったのが、クラゲゾーン。個人的にはかなり楽しかったんですけどねぇ・・・。

泳いでるねぇ!

きれいだねぇ!

・・・(通過)

親に気を使った言葉を残し、早々に先へ行く我が子でした・・・。暗い中を泳ぐクラゲは、ずっと見ていたくなるくらい不思議な魅力があると思うんですけどねぇ。

入口からクラゲが多めだったと思いますので、ご興味ある方は是非。

すみだ水族館_くらげ

意外に空いていて、カラフルな魚がいたのでお気に入りだったサンゴ礁ゾーン。

100cmちょっとくらいの身長があれば頭1つ出るくらいの高さに水槽がありますので、子どもが自分自身で水槽の中を見ることができると思います!

すみだ水族館_11

同じ並びにある、サンゴが入っていない水槽には・・・チンアナゴ!

はじめは、木の枝に見えていたようで「魚いないじゃん|д゚)」みたいな感じだったんですが、近づいてみると魚であることに気づき、驚くばかり!

5秒くらい凝視した結果、気持ち悪いから次行く・・・と言ってその場を立ち去りました・・・。

チンアナゴ

多分この水族館の目玉でもあるペンギンゾーンですが、餌をあげる様子を見れたと思ったら、音楽に合わせてライトアップされたりとかなり手が込んでる感じですね。

大人からすると、目線にペンギンがたくさん泳いでいるので意外と楽しい。

子どもからすると、下からペンギンのおなかを見るだけなのであまり楽しくなかったようですね。悩ましいところではありますが、これは致し方なしか。

すみだ水族館_8

■すみだ水族館の食事について。

館内には、ペンギンカフェという軽食やデザート、ドリンクなどを購入できる場所があります。(ペンギンコーナー近く)

オリジナルメニューなどもあるので子どもと一緒に悩んだんですが、購入したのがこちらの「ペンギンフロート」というもの!

DSC08092

わかりにくいので、メニューの写真を撮っておきました・・・。

ペンギン型の氷が浮いている炭酸飲料は、暑い日にはちょうど良いすっきりしたドリンクです!

DSC08091

すみだ水族館は、全体を通して暗い印象があり、夏場には日中の暑さを少しだけ忘れさせてくれる場所なのではないかと思います!

注意する部分があるとしたら、暗い分子どもを見失いやすいというのも事実かと。小さいお子さんと行かれる方は、一応お気を付けください!

また、水族館はもちろん、立地条件的にも遊ぶ場所が多く大人も子どもも楽しい場所だったと思います。すみだ水族館を後にしてから、最寄り駅につくまでどれくらいの時間がかかったことか・・・。

楽しすぎるのも大変なものです(笑)

休日のお出かけにぜひどうぞ。

その他「一緒に遊ぶ!」カテゴリの記事はこちらよりどうぞ!

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 学校給食を飢餓で苦しむ世界の子どもたちへ!あなたの幸せを少しだけ分けてみませんか?(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る