EOS Kiss X7のクリエイティブフィルターで遊んでみたよ。(水彩風、ラフモノクロ、トイカメラ風、油彩風)

意外と多用しているEOS Kiss X7のクリエイティブフィルターですが、何か雰囲気を付け加えたい時によくお世話になっています。

フィルターは、全部で7種類。よく使うのは「トイカメラ風」というもので、四隅に影ができたり全体的にトイカメラのような独特の色調にすることができます。

この日は、たまたま撮影した子どもの写真を「水彩風」「ラフモノクロ」「トイカメラ風+油彩風」にしてみましたのでご紹介を。カメラを楽しむ1つの方法として、気になる方は是非お試しあれ!

▼元画像

IMG_5889.JPG

■後からでも、見ながらでもクリエイティブフィルター!

EOS Kiss X7のクリエイティブフィルターは、「撮影した後に元画像を残して加工する方法」と「液晶モニターに加工後の映像を映しながら撮影する方法」の2つの方法があります。

個人的には、元画像を残しておきたいので前者の方法がほとんどですね!この場合、加工したい写真を画面に映し「SET」をおして加工が可能です。

また、液晶モニターに加工後の映像を映しながら撮影する方法については下記のとおりです!

まずは、「レンズロック解除ボタン」を押して、液晶モニターを見ながら撮影するモードにします。

クリエイティブフィルター set

次に「SET」ボタンをおし7種類のクリエイティブフィルターから1つ選びます。

image

選ぶと、液晶モニターの映像が変わります!

image

操作的にはこれだけなんですが、気を付けたいのはこの方法で撮影するとフィルター加工してない写真が撮影できないということ!ご注意ください。

■クリエイティブフィルターで加工してみた!

まずは水彩風。

背景の色と被写体の色がはっきり分かれていないとくっきり映らないような気がしますが、独特な写真に加工できると思います!

IMG_5893.JPG

【関連記事】

水彩風の写真を使うと絵日記みたいな感じになって違う雰囲気に

次はラフモノクロという加工。

ざらざらした感じが出るので、デニムとは相性が良いかもですね!私の中では一番使いにくいフィルターな気がしていますが、相性が合えばかっこいい雰囲気のある写真ができるかも。

IMG_5895.JPG

▼別の日に、barで撮影した写真2枚

ラフモノクロ_bar cacoi(バーカコイ)_香りを付けたお酒3

ラフモノクロ_bar cacoi(バーカコイ)_香りを付けたお酒4

最後に、「トイカメラ風+油彩風」に加工した写真。

この写真は、トイカメラ風に加工した後にさらに油彩風の加工をしている写真になるんですが、意外と好きな色になるんですよねぇ。もはや、何加工なのかよくわかりませんが好きな「色」や「雰囲気」に近づくというのが重要・・・!

ということで、かなり使っていたりします。

photograph

最近、外に出かけられてないので写真が少ないな・・・。暖かくなってきたし、色々なところにカメラを持ち出してたくさん写真を撮ろうと思います!

→「お父さんとカメラ」カテゴリの記事はこちらよりどうぞ!

▼撮影に使ったレンズとカメラはこちら。

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 家が落書きだらけにならないために!そして知っておくと便利な引っ越し情報サイトの引っ越さなくても使える情報について!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る