歴史に触れよう!神楽門前湯治村で安芸高田市の食を堪能させていただきました。

ひろしま安芸高田神楽鑑賞ツアー 神楽門前湯治村宿泊(1泊2日)」を体験させていただきまして、「神楽門前湯治村」にて食事についても堪能させていただきましたのでレポートを。

広島県安芸高田市のプレスツアーにていただいた食事は、「お祭りごっつお膳」「宿泊プランの朝食」「お弁当」の3種類!せっかくですので、歴史に触れながら食を楽しんでもらえればと思います。

ちなみに、各飲食店は早い時間にしまってしまいますので要注意!もしかしたら、お土産屋でお酒やおつまみを購入し、部屋で呑むのがおすすめかもしれませんね。

もちろん、営業時間延長にも期待したいところです(笑)

神楽門前湯治村_ふくすけ朝食i

■おもてなし料理「お祭りごっつお膳」

「ごっつお」とは「ご馳走」を意味する言葉で、お祭りの際におもてなし料理としてふるまっていた料理を、神楽門前湯治村で再現したそうです!

「おもてなし料理」ということで、「食事が足りなかった・・・」ということがないように量はかなり多め!山の幸はもちろん、刺身や焼き魚も堪能できると思います。

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳-1

食事の際には、「お祭りごっつお膳」の詳細や、各メニューの由来などが書かれたものをいただけますので、ただただ食べるのではなく歴史に触れながら食べていただければと。

食事を運んできてくれるスタッフにもお話聞けると思いますので、いろいろ聞いてみると面白いと思います!

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳

下の写真は、山菜などを使った「もぐり寿司」というものです。「もぐる」は「まぜる」を意味する言葉らしく、山菜の混ぜご飯といったところでしょうか。全体的に味は薄めなところも、個人的には好きなポイントです。

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳2

▼煮物

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳3

下のお刺身は「ワニの刺身(写真真ん中)」になります。ワニとは、鮫を表す方言ということで、そのまま伝えると驚かれる方も多いそうです!

超高級食材というよりは、生の状態でも保存がきく食材として重宝されてたんだとか。「ねっとり」というと表現が悪いんですが、不思議な食感と独特な味が特徴的ですね。しょうがでさっぱりといただきました!

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳4

その他にも、現地の食材を使った料理をたくさん堪能できますよ!

▼現地の食材を使った料理

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳5

▼固めの豆腐が特徴!

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳7

▼猪肉味噌漬け。日本酒によく合う

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳8

▼地酒は、別途注文が必要です!

IMG_5205

▼朝食時にも出てくる「えびす茶」というお茶が独特な味わい!

神楽門前湯治村_お祭りごっつお膳11

■ふくすけでいただく朝食について。

「米」「味噌」「干物」「漬物」などはお店で購入できる物になっているのが特徴!神楽門前湯治村では、全体を通して「気になった食材はお土産で買える」という印象ですね。

神楽門前湯治村_ふくすけ朝食メニュー

この日の朝食はこんな感じ。大量のたらこはどうやって食べたらいいのかわからず(笑)時間と人手がかかってしまいますが、食べ方についてのレクチャーや食材についてのアナウンスなどはあってよいかもしれません。

「朝から説明?」という声もあるかもしれませんが、せっかく来たのでどっぷり湯治村に染まっていきましょう・・・!

健康的と言ってしまえばそれまでですが、地元の食に触れる良い機会となりました。

神楽門前湯治村_ふくすけ朝食

▼こういった調理器具も現地の物なのかな?

神楽門前湯治村_ふくすけ朝食2

■神楽門前湯治村のお弁当。

豪華なお弁当が販売されているんですが、これが予想以上に美味!金額は、内容に応じて2,000~5,000円くらいだったかな?

神楽門前湯治村_お弁当

■今後こんな展開できないかな?

既に実施していたら申し訳ないですが、一応感想をまとめてみました。

神楽門前湯治村では、飲食店やその他食事処が意外と早く閉店してしまいます。お店の運営時間を延ばすという方法もあるんですが「宅飲み形式」をうまく取り入れられないものかと。

お土産として自宅に持って帰るものではなく、あくまで部屋で宅のみができるセットとかあったら面白そうだなぁと。

「利き酒おつまみセット」とか「地元の酒のおつまみ3選」とかいいと思うんですよねぇ。

まだまだ色々な展開が考えられそうなので、今後に期待です!

「ひろしま安芸高田神楽鑑賞ツアー 神楽門前湯治村宿泊」レポートはこちらよりどうぞ!

ツアーに参加した女性ブロガーさんのレポートも上がっていますのであわせてどうぞ。

しゅうまいの256倍ブログ neophilia++ 体験レポート記事一覧

yocco.co 体験レポート記事一覧

▼撮影に使ったレンズとカメラはこちら。

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 無料体験から広がる魅力がそこに!ネスカフェ アンバサダー出張デモサービスを体験!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る