神楽門前湯治村の雰囲気にのまれよう!仕事を忘れさせてくれる昔の街並みが心地よい。

広島県安芸高田市のプレスツアーに参加した際の拠点となったのが、安芸高田市にある「神楽門前湯治村」という場所。

ここでは、神楽専用の舞台や天然温泉をはじめ格子づくりの旅籠屋や湯治宿、田舎料理屋に茶店などが集まっています。都会で毎日パソコンに向かって仕事をしているのを一瞬でも忘れさせてくれた場所だったなぁと思います!

1つずつ感想を文字にしていくとかなりの量になってしまいますので、本記事は撮影した街並みを中心に「夜」「朝」「昼」に分けてご紹介できればと。

写真は、24枚。雰囲気が少しでも伝わればいいなぁ。

今回のツアーの概要は、こちらをご確認ください!

神楽門前湯治村30

■提灯の明かりで雰囲気抜群の夜。

この日は、春秋航空の成田17:25発の便で来たこともあり、神楽門前湯治村に到着したころには日も落ち夜となっていました。

この村の夜は雰囲気が抜群にいい。なにか、私服でいちゃいけない雰囲気をものすごく感じましたね(笑)

宿泊施設には、浴衣、足袋、下駄と、浴衣でも着れる防寒着が用意されています。提灯で照らされる街並みを、浴衣で歩いてお店で夕飯なんておつな感じがしますねぇ。

▼夜の街を歩く若者たち。

神楽門前湯治村

小さな窓からのぞいてみると、お店の中も昔ながらの雰囲気に。ここまで造りこむのは大変だったんじゃないかと、違う心配をしてしまうくらいです。

この村に来る方のほとんどが広島県内らしいですよ!東京からのお客さんは少ないようですね。そこで、春秋航空と安芸高田市のコラボというわけか・・・!

LCC(格安航空会社)とのコラボにより、普段では生きにくい場所にも行けちゃうんですねぇ。

【ツアー詳細はこちらよりどうぞ!】

ひろしま安芸高田神楽鑑賞ツアー 神楽門前湯治村宿泊 1泊2日ツアー(安芸高田市公式ページより)

▼夜の街並み。

神楽門前湯治村2

神楽門前湯治村3

神楽門前湯治村4

■湯治村の朝は、6時から。

宿で一泊し、この日は朝6時からスタート。なぜそんな早朝から動くかというと、ここの温泉は朝6時から運営しているのです。

宿泊者のみに渡される鍵があるんですが、この鍵を使い夜中24:00までと、朝 6:00~8:00の営業時間外にも入ることが可能なんです。(通常は、10時~21時営業)

湯治村ですので、温泉で体を癒していきましょう!

神楽門前湯治村5

神楽門前湯治村9

神楽門前湯治村11

神楽門前湯治村19

この時間は、お店は全部しまっていますが、宿泊者の朝風呂需要が高いのか、多くの人と出会いました。

そして、夜と朝で街並みの雰囲気がだいぶ変わりますねぇ。この日は朝から気持ちが良い涼しさがあり、すっきりした1日のスタートとなりましたよ。

神楽門前湯治村7

神楽門前湯治村8

神楽門前湯治村10

日が出てきて改めて屋根をみたところ、茶色い瓦が使われていることを確認。これも、昔ながらの家づくりを再現する際に用意した瓦で、昔ながらのものらしいです。

神楽門前湯治村101

神楽門前湯治村18

▼避難用のはしごも常備。

神楽門前湯治村13

神楽門前湯治村の中を案内してくれるツアーとかあったのかな?初めて来られた方に対し、建物の由来や伝統的な食べ物など説明してくれる方が1名ついているだけで、満足度がかなり上がりそうな気配がしますよ!

それくらい、歴史が詰まった場所なんだと思います。そして、改めてご紹介しますが伝統芸能「神楽」もここで楽しむことができます・・・!

■お昼にむけて、お店が動き出す!

お店のオープンは10時ころだったかな?

宿泊者特権といえるかはわかりませんが、お店のがオープンする前の準備の様子などをみることができます!

朝の準備って、そのまま体験コースとか組めないのかな?年配の方が多い印象でしたが、宿泊者の中には家族連れやカップるらしき方々もいたので、食に触れるという体験もよさそうだなぁと感じました。

神楽門前湯治村20

神楽門前湯治村16

神楽門前湯治村27

神楽門前湯治村26

神楽門前湯治村21

神楽門前湯治村22

神楽門前湯治村23

神楽門前湯治村28

さて、この後は「神楽」「安芸高田の食」について書こうと思っています!公開まで今しばらくお待ちください!

神楽門前湯治村29

「ひろしま安芸高田神楽鑑賞ツアー 神楽門前湯治村宿泊」レポートはこちらよりどうぞ!

▼撮影に使ったレンズとカメラはこちら。

スポンサードリンク


かなりお世話になったアイテム!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 建築設計事務所が考える収納家具ブランド「margherita(マルゲリータ)」のショールームに行ったら急に書斎がほしくなった!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る