屋内で思いっきり体を動かせる「キンダーベース明大前」は貸切がおすすめ!

家族十数組で「キンダーベース明大前」に遊びに行ってきましたよ!

屋内でおもいっきり体を動かしたり、自宅には置きにくい大きなおままごとセットやその他おもちゃがどっさりおいてある、子どもにとっては夢のような場所でしたね。

やはり、屋内で遊べるというのがポイント高いですよねぇ。スペース的には決して広くはないんですが、小さな子どもたちにとっては十分すぎるほどです!

当日の様子を少しだけまとめましたので、ご参考までに。

キンダーベースへ

■まずは、キンダーベースの基本情報から。

キンダーベースは、京王線、井の頭線の「明大前駅」より、徒歩1分程度。専用駐車場はないそうなので、近隣のコインパーキングを使用するようですね。

駅から近いのは非常にありがたいなぁ!電車に乗ってバスに乗って・・・と、移動距離が長くなるほど子連れでの移動は大変なんですよ。

・キンダーベース明大前 アクセス詳細

http://kinder-base.com/access/

▼入口の写真

キンダーベース明大前

対象年齢は、0歳~10歳となっており20歳以上の同伴者が必須となるようです。また、料金は下記のとおりです。(生後6ヵ月までのお子様は無料とのこと)

<平日料金>

  • 子供 550円/大人 250円(1日)
  • 子供 300円/大人 200円(1時間)

<土日祝日・ホリデー料金>

  • 子供 850円/大人 250円(1日)
  • 子供 550円/大人 250円(3時間)
  • ※延長 子ども 300円
  • ※生後7か月以上の4人家族で3時間遊びに行ったときの料金は、全員で1,600円です。

また、今回もそうだったんですが「貸切プラン」がかなりお勧めですね。

通常であれば、色々な方が参加するキンダーベースですが、グループで借りることで気兼ねなく遊ぶことができました。遊具やおもちゃなど、キッズルームを丸ごと貸切にできるので楽しめること間違いなしだと思います。

rental-space-price

※料金については、2015年2月16日現在の情報です。行く前に、必ず公式ページにてチェックしてください!

■キンダーベース明大前の中をレポート!

簡易ではありますが、簡単な図を作ってみました。

トイレや手を洗う場所はもちろんありますし、室内に自動販売機が1つ入っています。食べ物は販売していないので、持ち込む必要がありますのでお気を付けください。

あとは、荷物棚も設置されていますが、鍵がついている物ではなく籠に入れてまとめておく程度です。貴重品の管理などはしっかりやっておきましょう。

キンダーベース内イメージ

また、これは言うまでもなくですが、大きな遊具に子どもたちが心躍らせ夢中に遊ぶと思います。

マナーを守るのはもちろん、自分の子どもから目を離さないようお気を付けください。そして楽しいひと時を過ごせれば最高ですね!

キンダーベース明大前_目を離さないで

さて、子どもたちに一番人気なのがやはりこれでしょう!大型のエアスライド(すべり台)とトランポリンが一緒になった遊具は大人気だったと思います。

3歳以下の子どもは保護者と一緒に入るのが条件になりますが、大人がおもいっきり遊ぶことはできませんのでお気をつけて。子どもたちのサポート程度になるかと思います!

下の子はこの滑り台をかなり楽しんでいましたね!上の子は、ちょっと怖かったようで、隣のトランポリンの部分で飛び跳ねて遊んでいました!

▼大型エアスライド&トランポリン

キンダーベース明大前_大きな滑り台

トランポリン部分も空気で膨らんでいるので、通常のトランポリンよりも安全だと思われます。

キンダーベース明大前_大きな滑り台の下

さて、次に大型な遊具が「ボールプール&滑り台」です。比較的小さな子でも楽しめるような造りで、滑り台も緩やかな感じでした!

一種の基地的な要素があるのかな?滑り台の上と下で声を掛け合っているのが印象的でしたね。

また、ボールプールではやはりこうなりますよね・・・(笑)遊び自体はシンプルながらも、自宅ではできないことを体験できるのでとても楽しそうでしたよ!

キンダーベース明大前_ボールプール&滑り台

▼ボールプールを泳ぐ子どもたち

キンダーベース明大前_ボールプール2

▼滑り台の様子!

キンダーベース明大前_ボールプール&滑り台2

キンダーベース明大前_ボールプール&滑り台3

さてさて、体を動かすのが苦手な子でも楽しめるように、というわけではありませんが、キンダーベースには大きめのおままごとスペースやおもちゃなどがたくさんあります!

おままごとは女の子中心の遊びかと思いきや、ここまでアイテムが揃っていると男の子も楽しそうに遊んでましたね。

我が子も、色々なキッチンアイテムを試しながら、料理を作ってくれました。

キンダーベース明大前_おままごとスペース

キンダーベース明大前_おままごとスペース2

個人的な感想としては、子どもがある程度大きくなってきたら通常運営の料金で参加したいところですが、まだまだ小さいので貸切で顔の知っている友人とかと遊びに行くのが良いなぁと感じました!

そうなると、時間指定ではありますが27,000円で3時間貸切というのは、かなり熱いですね。我が家の場合、親戚一同で貸し切っても楽しそうだなぁと思った次第です!

ちなみに、雨の日はやはり込み合うそうです。常時Twitterなどで情報を更新しているそうなので、気になる方はチェックしてみてください!

・Twitter:https://twitter.com/kinderbase

・Facebookページ:https://www.facebook.com/kinder.base.meidaimae

その他「子どもと一緒に遊ぶ!」カテゴリのレポートはこちら!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る