本当に英語を話せるようになるのか・・・。お父さんの「英会話チャレンジレポート」をスタートさせます!

街を歩いていたら「魚オンリーのスーパーマーケットはどこにあるか?(英語)」ときかれ、「ごめんなさい、わかりません(英語?)」と言って会話が終了した昨日。

正直、聞こえたのは「fish only」と「supermarket」だけ。魚を買いたいということは理解できていたので、魚を売っている場所を考えてみましたが、思い当たらず。

しかしながら、実は「a fish market(魚市場)」を探していたのかな?とか、思い出せば出すほどよくわからなくなってきます・・・。

しかも「わかりません」って・・・。日本語であれば、代替案を提案できたと思うんですが、英語ではそうもいかず。

「会話がしたい」

それだけなんですが、なぜこうも難しいのか・・・。

ということで「英会話チャレンジレポート」を、自分への戒めとしここから書いていきたいと思います。

■まずは自分の英語力を調べてみた。

とりあえず、中学校から大学までの期間で、英語の授業を楽しいと思ったことは一度もない私です。

ということで、まずは今どれくらいの英語力(単語力)が残っているのか、アルクのwebサイトで無料で展開している「英語レベル診断テスト」を受けてみました。

▼英語レベル診断テスト

アルクテスト

結果、中学3年生~高校1年生の英単語すら満足に理解していないということがわかりました。

苦手とはいえ、落第点(赤点)はとったことはありませんでしたので、地味にショック。

まぁ、今の自分を知るという意味では十分すぎるものとなりました。

■さて、どうやって英語(英会話)を学ぼうか。

まず、色々な英語教材及び英会話教室の情報をあさり、いろいろ読んでみた結果をまとめるとこうなりました。

  • ほとんどの情報がアフィリエイトサイト
  • 読めば読むほどすべてのサービスに不信感がわく
  • 英会話教室の初心者コースはコスパが悪い
  • 総じて、すべてが賛否両論

これでしかありません。もはや、調べるだけでどつぼにハマっていく感じですね。

その中で、1つだけ学びがあったのですが「英語と日本語を翻訳するのは無駄」ということ。「この文法を使った時はこういう意味だから・・・」とか考えてる暇ないですよ、会話には。

それに、日本語をそのまま英語にしようとすると、より難しさが増すということ。

日本人だって、正しい日本語をきっちりしゃべっている人は少ないはずですよね。前後の会話の流れや、シーンやその場の空気感で会話が成り立つことも多いと思います。

そうなるためにはどうしたらいいんだ・・・という目線で、調べていたところ、意外と王道ながら「ロゼッタストーン」に興味を持ったという感じです。

■ロゼッタストーンって日本語訳がないらしい!

ロゼッタストーン

私が調べた限りの情報ではありますがロゼッタストーンの評価は下記のとおりです。

  • 英単語及びもはや英語を初めて学ぶくらいのレベルから対応
  • 日本語訳がなく「耳で聞き」「目で見て」「発音してみる」を実践
  • コースは2つで「基礎」と「総合」 ※コースの詳細はこちら
  • しかしながら、初心者向けまでカバーしている分物足りない人も多いらしい

結局のところ、上記以外の部分は賛否両論でしかありませんでした。

もはや、試してみないとわからない!

正直、それが結論です。

しかし、2万円とか3万円とかってレベルだと先行投資として気軽なものではないですよね・・・。

そこで。

基礎コース TOTALe Basic」を購入してみようと思ってます。

使った感想や私がいつ英語が話せるようになるのか、そもそもならなかったのか、温かく見守っていただければ幸いです。

ちなみに、なぜ基本コースにしたかというと「会話なんて到底できないレベルだから」ということ。

会話だけであれば、DMM英会話やレアジョブといった格安で体験できるものもありますので、まずはこの基本コースがいかがなものか試してみたいと思っています!

「お父さんと英会話」カテゴリの記事はこちらに集めていく予定です!

▼「お父さんと英会話」カテゴリの記事はこちら

・【英会話チャレンジ2】無料体験は重要!ロゼッタストーンは全機能を24時間だけ無料で試せるらしい!

【英会話チャレンジ3】始めるまで何時間かかるんだ?!ロゼッタストーンを購入する前にネット環境を確認しよう!

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 学校給食を飢餓で苦しむ世界の子どもたちへ!あなたの幸せを少しだけ分けてみませんか?(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る