まずは興味を持もつことから!「趣味カメラ×タブレット」の私の体験談を少しだけ。

タブレットアンバサダーファンミーティング

もともと電気機器に強いわけではありませんが、色々な環境の兼ね合いで興味はかなり持っている私でございます。

タブレットアンバサダープログラムの一環で開催されたファンミーティングに初めて参加して来たんですが、ファンミーティングのテーマが「親世代がタブレットを楽しむために」ということで、軸が「自分自身」ではなく「親」なんですよねぇ。

実際に私の親世代(50~65歳くらい)がタブレットを使えたらコミュニケーションの幅は広がると思いますし、趣味の範囲だって広がるかもしれませんよね!そんな想いもあり、参加させてもらいました。

本記事では、ファンミーティングで聞いたお話や自分なりの考えを少しだけまとめてみますので、ご参考になれば幸いです!

■タブレットの必要性について考える。

タブレットアンバサダープログラム

まずは、そもそもの部分になってしまいますが「タブレットを何のために購入するのか?」という部分について考える必要があると思います。

使ってみたい!という興味だけだっていいですし、具体的なシーンを持っていればなお良いですしね!最近では、キーボードがついているタブレットもありますからねぇ。その使い方は、本当に広範囲!

世の中には、「あるとものすごく便利!でも、なかったらないでなんとかなる」というアイテムが山のようにあると思いますが、その中にタブレットも入ってくるのではないかと。

そんなアイテムだからこそ、購入してからも楽しんでほしいと思うわけなんです。

▼iPadで映画を見てる様子!

ディズニーMovieNEX_アナと雪の女王

私が持っているiPadのそもそもの用途は、パソコンを開くほどでもない時にサッとだして、子どもと一緒に動画をみたり、情報を探すためにネットで検索したりするわけなんですが、なんといっても「画面が大きい!」というのが良いですね。

タブレットは「パソコンよりも持ち運びやすく、携帯電話よりも画面が大きく使いやすい(見やすい)」というところでしょうか?

あとは、電源を入れてからの起動も早いので、いつでも気軽に使えるのが魅力かと。

他にも、大きな画面で今日の行き先を検索できるし、現地で迷っても画面いっぱいに広がる大きな地図を見ることもできるでしょう。

さらに、自分の趣味をもっと楽しくしてくれるアイテムになるかもしれません!

タブレットは、年齢問わずこのような魅力を感じることができるんじゃないかと思います。

■私の趣味である「カメラ」の体験談をご紹介。

趣味はカメラです。

と、言えるほどのものはないのですが、基本的には一眼レフを毎日持ち歩き、気になった風景とか物とか撮影しています。

その中で、iPadとカメラを連携させた際のお話を少しだけ。子どもの七五三で、家族はもちろん私の親も参加したときのお話です!

IMG_3767

この日は、撮影する前提で準備をしていたわけなんですが、確実に「撮影した写真を共有したい」「大きな画面で写真を見たい」という需要があるのではないかと考えました。

撮影した写真を見るためにはカメラのモニタをのぞくしかないんですが、複数人では見れないし、画面も小さいので・・・。

そこで、撮影した写真をiPadに転送してみたわけなんです。

Eye-Fi Mobiで現場で確認

これが、本当に便利!

「パパどんな写真とれたの?」ときかれても「こんな写真が撮れたんだよ!」って子どもに見せてあげることもできましたし、一度転送してしまえばどこででも写真をチェックすることができるので、カメラを出す必要もありません。

しかも、iPadから離れすぎなければ、撮影しながら自動的に写真を転送してくれるので、iPadを見ててくれれば写真がどんどんあがっていくのです・・・!

Eye-Fi Mobi現場で確認2

「撮った写真、あとで送るね!」というコミュニケーションが、iPadで少し変わりましたねぇ。

その場で写真を見て、気になる写真があればその場で共有することだってできます。便利な世の中になったもんですよ・・・!

(カメラとiPadの連携についての詳細は、こちらよりどうぞ。あくまで一例です。)

▼カメラバッグにiPadも入りました!

スマイルフォトバッグ

今回のファンミーティングに参加して、タブレット及びiPadをより楽しむためには「基本+趣味」というのが良さそうだなぁと感じました。

サッと出してネットで動画を楽しんだり、情報を検索したり、アプリを楽しんでみたり。さらに趣味と連携させることで、活用の仕方が一気に広がると思います!

「タブレットってあったら便利だよね!」と少しでも感じるようであれば、とりあえず触ってみるのがお勧めですね。

今回のファンミーティングが開催された「ドコモラウンジ」に行けば、タブレットはもちろんスタッフの方がたくさんいますので親切に対応してくれると思います!もちろん、お近くのドコモショップでも同じですかね。

気になったら息子(娘)に聞く!か、プロフェッショナルがいるお店へ行ってみましょう・・・!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る