この威力を体感してほしい・・・!ヒダカ家庭用高圧洗浄機の「標準ノズル」と「テラスクリーナー」を使ってみた!

ヒダカ家庭用高圧洗浄機標準ノズル

ヒダカ高圧洗浄機モニターにて届いた家庭用高圧洗浄機「HK-1890」ですが、やっとその威力を試せましたのでご報告です。

今回試してみたのは「標準ノズル」と「テラスクリーナー」の2つ。標準ノズルについては基本セットの1つで、これでどのレベルまで汚れを落とせるのか実力を見たいところ。

また、テラスクリーナーについては手軽に広範囲の掃除を手軽にできるかどうか気になるところです!

噂のレーザービームは、どれほどのものなのか・・・!

家庭用 高圧洗浄機専門店【ヒダカショップ】


■標準ノズルのちょっとしたテクニック!

まずは、とりあえず標準ノズルがどのレベルなのか試してみることに。

ちなみに、セッティングについては取扱説明書に沿って実施すればさほど難しくなかったので割愛します!まぁ、掃除したい当日に準備するとばたついてしまうかもしれないので、事前に準備できると良いかと思います。

さて標準ノズルについてですが、下の写真の上のノズルが標準ノズルになります。(先が太い方)

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890_標準ノズルとターボノズル

標準ノズルについては、先の部分をまわすことで水の出方を調整することができます。

細く一点集中型にすれば頑固な汚れも力強く落としてくれ、広く扇型に噴出すれば散水はもちろん表面の汚れを流し飛ばしてくれます!

またテクニックとしては、ノズルの先端から50cm以内が強い水圧を保ち、それ以上離れると水圧が下がるとのことです。

ヒダカ 家庭用 高圧洗浄機 HK-1890_標準ノズル可変

汚れに合わせて、試してみるとよいと思います!

■気を付けて!標準ノズルでも威力絶大!

トリガーガンを握った瞬間にくるドンっという反発感・・・たまりませんね!

さすがに掃除しながら撮影はできなかったので、威力がわかりそうな写真を2枚ほど貼ろうと思います。

まず1枚目は、標準ノズル一点集中型で一線!!写真中央に白いラインが入っているのがおわかりになりますでしょうか・・・。

初めに、扇形でざっとやってみましたが色はほとんど変わらず。じゃあ・・・ということで試してみたら、これですよ!

これはすごい。

ヒダカ家庭用洗浄機_標準ノズル

一点集中型は、広範囲を掃除することはできませんが見ての通りその威力はものすごいものがあります。

気を付けなくてはいけないのが「対象物の強度」です。下の写真の右側は、木製のテラスの上でひと噴射させたところなんですが、なんと一発で表面がはがれるという事態に。

まずは、扇形の緩めに調整しておき、徐々に威力を増していった方が良いかもしれませんね!

ヒダカ家庭用洗浄機_標準ノズル2

何にせよ、この威力を標準セットで体感できるんだから本当にすごい!ターボノズルにしたらどこまで汚れが落ちてしまうのだろう・・・!試し甲斐がありそうです!

■テラスクリーナーでスイスイ掃除ができるよ!

テラスクリーナーは、黄色いカバーの中で回転しながら水を噴射して広範囲を効率よく洗浄できます。水圧の調整はできませんが、柔らかい素材の場所でも使えると思います。

水圧でホバークラフトのように少しだけ浮くような形になるので、子どもでも掃除ができちゃうくらいですね。もはや、持ち手の方が重く感じるくらいです。

※水圧が強いノズルを使う場合には、子どもには触らせないようお気を付けください。

ヒダカ家庭用洗浄機_テラスクリーナー3

水はねしないのも特徴の1つ。本当に手軽に水洗いができました。

しいて言えば、壁際やひどく汚れている部分なんかはうまく落とせないかもしれないですね!ここら辺は、一点集中型のノズルで隅々までやりたいところです。

ヒダカ家庭用洗浄機_テラスクリーナー2

■地味に気を付けた方がいいトリガーガン!

ロックを解除し握るだけで放水できるわけなんですが、気を付けるポイントは高圧で放出される水だけではありません!

たまたまではあるんですが、なんとトリガーガンを握ってできた隙間に指を挟んでしまったのです。しかも鋭利になっていることもあり、意外によく切れる。

挟んでしまって慌てて引っ張ると切れてしまう恐れがありますので、お気を付けください。

IMG_3371

さてさて、年末に向けてどんどん掃除していきますよー!

▼Amazonや楽天で探してみる

「高圧洗浄機」の記事はこちらよりどうぞ。

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る