機動力に期待大!キヤノンの薄型パンケーキレンズ「EF-S24mm F2.8 STM」が届いたよ!

EF-S24mm F2.8 STMとEOS Kiss X7

「世界最小・最軽量の一眼レフカメラが出たぜ」ときいて購入を決意したEOS Kiss X7。初めて手にしたときに、その小ささと軽さに驚いたのを覚えていますよ。

そして、2014年11月13日にキヤノンの薄型パンケーキレンズ「EF-S24mm F2.8 STM」が発売するということで「この組み合わせって良いよね?!」と友人知人に確認し、早々に購入してみました!

初のパンケーキレンズ購入となりましたが、この組み合わせは間違いなかったようです・・・!

▼Amazonや楽天で探してみる

■まずはレンズについて!厚さは100円玉とほぼ一緒!

重さ約125g、厚さは100円玉の直径とほぼ同じ!

このサイズのレンズはほぼ使ったことがなく、薄さにびっくりしています・・・。もはや、レンズキャップがぶ厚く見える気がしてしょうがなかったです。

EF-S24mm F2.8 STM_2

こ、これがEF-S24mm F2.8 STMか・・・、なんて考えることもなくとりあえずカメラにくっつけてみました。

小さいボディに、小さいレンズを付ければ、圧倒的に便利になるのはわかっていましたが、思っていた以上にコンパクト!これは便利だぁ。

EF-S24mm F2.8 STM_EOS Kiss X7_正面

真横から見ると本体から少ししか出ていない・・・。

レンズの厚さは約22.8mmなので、本体の厚さを考えても、10cm以内になるのです。

EF-S24mm F2.8 STM_EOS Kiss X7_真横

今までは、レンズが長かったり、重かったりしていた分、両手で持たないと安定しにくかったんですが、レンズが短く、軽くなっているので、本体を両手で持てばしっかり安定する!っぽいです。

ちなみに、子どもが持ってる様子がこちら。X7とこのレンズの組み合わせでは、子どもでも普通に撮影ができました。

EF-S24mm F2.8 STMとEOS Kiss X7.2

■なんで「EF-S24mm F2.8 STM」が気になっていたのか。

私が今メインで使っているレンズは「シグマ30mm F1.4 DC HSM」というレンズで、重さがなんと435g。X7本体が約370gとのことなので、本体よりも重い!

とても良いレンズなのでこれからも使い続けますが、シーンによって「もっと簡単に撮影できれば・・・!」という思いもあったわけです。

▼30mm F1.4 DC HSM

シグマ 30mm F1.4 DC HSM_X7

特に、家族でお出かけする際や旅行に行くときなんかは、持ち歩く荷物も多いし、子どもも見なくてはいけないのでしっかり構えて撮影できることって少なかったんですよねぇ。子どもも小さくて。

新しく買ったパンケーキレンズとX7の組み合わせなら、片手で簡単に撮影できるのではないかと思ったわけなんです!

■あとは、どんな風に撮れるか試すのみ!

いくら薄くて軽くても、好きな雰囲気で撮れなければ意味がないので色々撮影すべく駒場にある重要文化財「旧前田家本邸(洋館)」に行ってきました!

【関連記事】

【写真19枚】EF-S24mm F2.8 STMをつけて駒場の重要文化財「旧前田家本邸(洋館)」と駒場公園を散策してきた

旧前田家本邸(洋館)外観2

旧前田家本邸(洋館)_8

今後も、いろいろな場所に持って行って撮影してみようと思います!

▼Amazonや楽天で探してみる

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 無料体験から広がる魅力がそこに!ネスカフェ アンバサダー出張デモサービスを体験!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る