これは1枚あると便利!Eye-Fi Mobiを使って、その場でスマホやタブレットで写真を「確認・共有」しよう!

デジカメで撮影した写真を簡単にスマホやタブレットに転送してくれる「Eye-Fi Mobi(アイファイモビ)」。使ってみるとこれが予想以上に便利だったのでご紹介したいと思います!

スマホやタブレットで確認できるということは、いちいちカメラを出して液晶モニターで確認しなくてもよいので、お出かけはもちろん、旅行、フォトウォークの時に最高に便利。

インターネットがない環境でも、Eye-Fi Mobiカード自身がWi-Fiネットワークとなり写真や動画を直接モバイル端末に転送してくれるので場所を選びません!

「カメラマンくらいしか使わないんじゃないの?」と思っていたので今まで使うこともありませんでしたが、これは家族向けにも良いアイテムですよ。カメラをしまった後、写真を見たくなりません?(笑)

今度、家族で出かける予定なのでガンガン使っていきたいと思います!

Eye-Fi Mobi

■まずは無料アプリをインストール!

使い方はいたって簡単。Eye-Fi Mobiをお手持ちのカメラに入れ、スマホやタブレットに専用の無料アプリをインストールすれば完了ですね。ただ、お手持ちのカメラがEye-Fi Mobiに対応しているかも要確認です!(対応表はこちら

さて、「Eye-Fi」というアプリをインストールしましょう。最近、iPad2を手に入れたのでiPadを使ってレビューしますが、基本操作などはスマホも同じなのでご参考までに。

起動すると「アクティベーションコード」というものを求められますので、入力してください!(コードは、カードケースに貼ってありました)

・Eye-Fi(iTunes)

https://itunes.apple.com/app/eye-fi/id306011124?mt=8

Eye-Fi Mobiアプリ

■カメラにEye-Fi Mobiを入れる!

もちろん普通のSDカードとして使えますので、特に何も気にせずカメラにセット。ただ、カメラの方で設定が必要になる場合がありますので、お気を付けください!

下の画面はEOS Kiss X7になります。「menu」から「Eye-Fi設定」という項目がありますので、確認してみてください。TOP画面に戻り「電波っぽいマーク」が点灯していればOKです!

image

▼X7では、バッテリーマークの横に出てきます。

image

■Eye-FiアプリとEye-Fi Mobiを連携させる!

カメラの電源がオンになっている状態でかつ先ほどの「電波マーク」が点灯している状態で、iPadの「Wi-Fi設定」にて「Eye-Fi*******」というネットワークがあらわれますので接続します!

接続したうえでアプリを起動すると、Eye-Fi Mobiに入っている画像をiPadに転送してくれるというわけ。

Eye-Fi Mobi_Wi-Fi設定

■Eye-Fiアプリを起動!

基本画面はこんな感じ。非常にシンプルでわかりやすいですね!接続状態になると、この画面にデータが転送されてきます。

Eye-Fi Mobi基本説明

転送が完了すると、iPad上で撮影した写真を確認することができます!転送が完了してしまえば、Eye-Fi Mobiとの接続が切れても画像を見ることができますし、FacebookやTwitterへの共有も可能となります。

一眼レフで撮影するようになってFacebookやTwitterへの画像の投稿が圧倒的に減った私ですが、これで撮影した写真を共有できますよ。

Eye-Fi Mobi_画像

しかも、iPadなどのタブレットの場合、画面が大きい!

カメラの液晶モニターでは綺麗だと思っていたのに・・・という体験をされた方も多いのではないでしょうか?これなら簡単に確認できますよねぇ。

また、家族で出かけるとやはり撮った写真はみんなで確認したいですよね!その場でサッと確認もできるし、その写真をその場で共有もできるし、かなり便利かと。

ちなみに、私のiPadはWi-Fiモデルなので無線ランなどに接続しないとネットが使えません。しかし、カメラからiPadへの転送は無線ランなどに接続しなくて転送が可能なのでありがたい!

Eye-Fi Mobi写真 Eye-Fi Mobi共有

■Eye-Fiアプリ内の画像はどうやって消すの?

アプリ内に削除ボタンがなくて焦りましたが、実はスマートフォンやタブレットの「写真フォルダ」と同期しています。なので、お手持ちの端末内の写真を削除すればアプリからも削除されるという仕組みですね!

金額は普通のSDカードよりも高めですが、1枚持っておくとかなり便利そうですよ。近々、家族の集まりやお出かけを予定しているので、さっそく使っていきますよー!

【追記】「アクティベーションコード」は、撮影しておこう!

カードケースに貼ってあったアクティベーションコードですが、なくしてしまうと最悪です。なぜかというとEye-Fi Mobiとアプリが連携できなくなってしまうから・・・。毎度コードを聞かれることはないようですが、念には念をということで。

「撮影しておくとよいよ!」とアドバイスもらったので、さっそく使用しているiPadとiPhoneで撮影しておきました!ありがとうございました。

▼【2013/11/10追記】体験レポートを書きました!合わせてどうぞ。

Eye-Fi Mobi・家族とEye-Fi Mobiの相性が良すぎる!1枚持っているだけでカメラライフが一変する素晴らしいカードだった。

続きを読む>>>

▼Eye-Fi Online Store(楽天)でも買えます!

スポンサードリンク


▼ TiMEZ更新中!▼


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ものをつくる楽しさを。最後のひと手間を残した「ヒトテマキット」。

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る