【日本発!】世界に広がるナノブロックから生まれた新感覚ブロック「ナノブロックプラス」を体験してきた!

ナノブロックプラスアンバサダーイベント

ナノブロック アンバサダープログラムにて開催されたイベントにお邪魔してきました。

ブロックについては、子どもがまだ小さいこともあり積極的に購入することはありませんでしたが、私がパズルとかブロック系のおもちゃが好きだったので、たまに付き合ってもらってます。

ブロックは、作るのも楽しいし、出来上がった状態でも遊べるし、崩す楽しさもあると思うんですよねぇ。最近は、子どもも興味を持ち始めているので良いタイミングで参加させてもらいました!

イベントでは、ナノブロックを製造・販売しているカワダの方々から歴史についてお聞きしたり、ナノブロックプラスのを実際作る体験などもさせてもらいましたよ!

▼Amazonや楽天で探してみる!(9月末発売予定なので予約が可能です!)

■1952年創業:おもちゃの総合商社「カワダ」

河田の歴史

イベントのはじめに、石井社長や取締役の方からカワダの歴史や想いについてお話していただきました。お話をまとめるとこんな感じです!

  • kawadaは、ダイヤブロックを製造販売を始めて50年以上。
  • LEGOの存在に押されて、細々と国内でやっていた・・・。
  • 2008年10月にナノブロックを発売、2014年10月で丸6年。
  • その中で、待望の海外販売を実現!現在は、40各国に輸出をしている。
  • 2014年の3月にナノブロックプラスを発売。
  • 世界で、LEGOブロックと並ぶブロックになると信じている。
  • 一緒にブロックを盛り上げていきたい。

やはり、ブロックへの想いは人一倍以上に強いですね。「LEGOに押されて細々と・・・」とはおっしゃっていましたが、虎視眈々とという感じですかね(笑)

イベントのメリットは、やはりメーカー側の想いを直に感じることができる部分なのかなぁ。

本気で応援したいって気持ちになりますしね。

ナノブロックアンバサダーイベント

ナノブロックアンバサダーイベント_ナノゲージ

■ナノブロックプラスって?

ダイヤブロックから始まり、2008年にナノブロック、2014年にナノブロックプラスと発売されているんですが、細かい違いは下の写真の通り。

ダイヤブロックでは表現できなかった細かい部分を「ナノブロック」が解決しました。そして、大人が本気でハマることができるブロックとして人気になったようですね!

そして、小さい子どもからシニアまで、より多くの人にブロックを楽しんでもらうための1つの方法として「ナノブロックプラス」が発売されたようです。

ブロックの違い

ナノブロックプラスでは、ブロックの縦横奥行きを1:1:1にすることで、今までとは違う表現(組み方)ができるようになりました。

ブロックの大きさをナノブロックよりも少し大きくし、取り扱いやすいように進化したというわけです。

とはいえ、やはりパーツが細かい!

今回初めてナノブロックプラスを触ることになったんですが、パーツの紛失や、組み立て忘れには本当に気をつけたいところですね(笑)

ナノブロックアンバサダーイベント_アニマル

■実際にナノブロックプラスを作ってみた!

イベントの後半では「実際にナノブロックプラスを作ってみよう!」という時間がありました。6人グループのテーブルだったんですが、会話はほぼなし!大人が本気で集中できるとても良いおもちゃですね。

初めてちゃんと作ってみた感想とポイントをまとめてみました!

・5歳以上から遊べるナノブロックプラス!

この日体験したのは、9月20日発売予定のナノブロックプラス(ダンプカー)(対象年齢5歳から)

完成すると、荷台が動いたり、もちろんタイヤもまわりますので、飾っておくだけのおもちゃじゃないところがいいですね!

ちなみに、所要時間は20分~30分とのこと。

私は、ブロックが苦手なわけではありませんが、意外と時間がかかってしまいました。パーツが細かい分、慎重に進めたほうがよさそうです!

また、ナノブロックプラスは、1:1:1のブロックが特徴的で、とても組み立てやすい構造になっています!

ナノブロックプラス_ダンプカー

・小分けにされた袋には意味がある?

基本的には、説明書に番号が振ってありますので、その通りに進めていきましょう。

その時に気づいたんですが、小分けにされた袋には、似たような形のパーツ毎に分けられているのではなく、説明書通りに組み立てる時に楽なように分けられているのかな?と感じました。

※感覚です

ナノブロックプラス_ダンプカー5

なので、お皿にパーツを全部出して組み立てるよりは、袋を開けた状態で残しておき、必要なパーツを取り出すという方法が、意外とお勧めかも。

パーツもなくなりにくいですしね(笑)

ここら辺は、カワダの方に聞いてみようかなぁ。

ナノブロックプラス_ダンプカー6

・似たようなパーツに要注意!

ナノブロックプラスの中に入っているパーツには、似たようなパーツがいくつかあります。

説明書通りに作れば・・・と想いながらも、高さが違うパーツや、でっぱりの数が違うパーツ、微妙に丸いパーツなどなどいろいろありました・・・。

もちろん、正しいパーツを使わないと完成しませんので、気をつけたいところです!

ナノブロックプラス_ダンプカー7

・形が出来上がっていく様子が楽しすぎる

急いで作るものではない

とても小さい複数のパーツを1つずつ組み立てていき

1つの形になっていく様子を楽しむ

これに尽きると思います。今回のダンプカーでも、約150のパーツくらいからできているのかな?イベント内では完成させることはできませんでしたが、楽しすぎるな・・・。

「大人がハマるナノブロック」という部分を継承しつつ、あとは子どもがどれくらいハマるかという部分を試してみたいと思います!

ナノブロックプラス_ダンプカー未完成

■我が子のファーストインプレッション!

自宅に持ち帰り、とりあえずカタログを見せたところ、反応が良すぎる・・・!

一通り目を通した後、しきりに「これがほしい!」と言っていたのが、なんとナノブロックの中でも高額なモノを紹介しているページでした・・・。

子どもって、ほんとこわい。

でも確かに、魅力的なモノがたくさんありましたよ。

ナノブロックカタログ

お土産として、ナノブロックプラス、ナノブロックのドラムセット、ナノブロックのペンをいただきました!

まずは、子どもっちとこれを試してみて、反応をみたいと思います。

ナノブロックアンバサダーイベントプレゼント

ちなみに、男の子はダンプカー、女の子はミッフィーのペンに釘付けです(笑)

ナノブロックプラス関連レビューはこちら!

ナノブロックアンバサダー登録フォームはこちら!

本イベントは、ナノブロックアンバサダープログラムの一環で開催されたイベントです!

ご興味ある方は、下記よりどうぞ!

nanoblock_Ambassador

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. ギフトにかわいいケーキを!「ル・パティシエ」の今治タオルケーキ!(PR)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る