スペイン生まれの斬新な枕「OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)」を自宅で使ってみた!

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)

睡眠の大切さや正しいおひるねの仕方について学ぶことが出来たブロガーセレクションのイベント

そのイベントにご協力いただいたメルクロスさんより、快適なお昼寝をサポートしてくれる「OSTRICH PILLOW(オーストリッチピロー)」をモニターレビューということで使わせてもらっています!

お昼寝をすることで午後からの仕事効率がグッと上がると言われているので、この枕がどれだけ活躍してくれるか・・・!

本来であればオフィスでも使いたいところではありますが、いきなり使うと驚かれてしまうのでまずは自宅での様子をレポートしたいと思います。

ちなみに、類似商品がたくさん出ているとのことなのでお気を付けください!

▼正規代理店運営「ホッチポッチハウス」

■スペインの習慣から生まれたおひるね枕

スペインでは、シエスタ時間(13時から16時くらいの時間帯)という時間があり、多くの商店や企業が「休業時間」になっているらしく、観光客が戸惑ってしまうなんてこともあるようですね!

このオーストリッチピローは、そんなスペインで生まれたアイディア枕というわけです。

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)

形はものすごく斬新!

お昼寝は何時間も熟睡するものではなく、リフレッシュが最大の目的。完全に寝る体制を整えてしまったらすぐ起きれないですし、だからと言って机で変な体制で寝たら首とか痛くなっちゃうし・・・。

ということで、この斬新な形になったのかな?

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)7

私がモニターレビューしているのは、オーストリッチ ピロー(写真左)とオーストリッチ ピロージュニア(写真右)です。

大人用は、正面に口と鼻が出るくらいの穴が開いていて、頭部のところに手を入れられる穴が開いています。また、ジュニアサイズの方は「目が隠れると怖く寝れない」という部分を配慮し、顔が出るようになっていますね!

枕をかぶってるから、どこででも寝れるというのが面白いポイント・・・!

■とりあえず、自宅で使ってみた!

机で腕を枕にして昼寝をすると、首への負担、枕代わりにしている腕への負担があり、実はあまり良くないという話も。そこで、オーストリッチ ピローというわけですね!

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)2

この枕は、スポッかぶることで頭の周りがぐるっと枕になります。また、クッションのおかげで真下を向いて寝ることができるので、手を穴にしまい腕への負担も軽減!と、いう代物。

ジュニアサイズは、小学校中学年~中学生くらいのサイズ感のようですね!我が子には少々大きかったようで・・・。

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)1

▼こんな感じ?と、体験中。

OSTRICH PILLOW(オーストリッチ ピロー)5

ちなみに、前回のブロガーセレクションのイベントで「正しいおひるねの方法(6つのポイント)」をお聞きしてきたので、ご紹介しておきますね!是非、ご参考までに。

コロネブロガーイベント6

ブロガーセレクションより

■使用感まとめ!

普通に寝るよりもクッション性は高いし、腕がしびれることもありません。しかも、結果的に耳をふさぐ形になるので、多少なりとも雑音をさえぎってくれるかもしれませんね!

少々慣れが必要な人もいるかもしれませんが、机でそのまま寝るよりは断然よい感じがしました。

やはり、1度オフィスで使ってみる必要ありだな。

また、洗濯については「汚れた部分のみを手洗い」ということを推奨しているようですのでお気を付けください!

オフィスで使った様子は、追ってご報告したいと思います!

▼日本正規代理店のお店「ホッチポッチハウス」へ

▼正規代理店運営「ホッチポッチハウス」

スポンサードリンク


海外でもネット環境を!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. Refresh Tea Life!赤ちゃんから妊婦さんまでルイボスティーのある生活をご提案します!【PR】

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る