眠り製作所がお届けする快眠アイテム「抱かれ枕アーチピロー」で眠りはどう変わっていくのか!

「朝起きたら肩や背中が痛い」「寝た気がしない」という方も多いのではないでしょうか?

改めて周りの人に聞いてみると「枕が自分に合わない」と明確になっている人もいれば「よくわからないけど寝にくい」「肩こりが治らない」という意見もちらほらあるようですね。

私自身は「使いやすい枕の高さ」というのがあるんですが、そこまで枕自体にこだわりを持ったことがないのであまり気にしていません。が、妻は「肩こりがひどくて・・・」という状況。

しかも、寝ると悪化することもあるので何とかならないかなぁ、と考えていた中で1つの方法として検討していたのが「枕」というわけです!

先日届いた眠り製作所の「抱かれ枕アーチピロー」は、妻の眠りをどんな風にかえてくれるのか楽しみです!

眠り製作所

■「抱き枕」ではなく「抱かれ枕」!

この枕は「抱かれ枕」ということで「上半身を支えてくれる」のが特徴的な枕です。

乳児がいるご家庭なら「授乳クッション」を使っている方もいらっしゃると思いますが、形的にはそれに近い感じですね。

抱かれ枕アーチピロー

なぜこの形なのかというと、それは体の仕組みをちゃんと配慮した結果の様なんですよ!

人は座っていると自然に肘を付いたり、立っていても腕組みしたり、ポケットに手をいれたりすることがあると思います。これは、肩にかかる重さ、腕の重さを軽くさせようとする行為なんだとか。

「肘掛けのある椅子っていいよね!」という方は、もしかしたら日頃から肩に負担がかかっている可能性があるかも・・・!また、寝ている時に自然と腕を頭の上まで上げて寝ている人も、日頃から肩に負担がかかっている可能性があります。

抱かれ枕アーチピロー3

この枕では、肩への負担を軽減するために「腕のせ付きの枕」になっているわけです。

寝ているだけでも肩への負担はかかります。この「抱かれ枕」では、下の写真のように隙間を埋めることで、枕で上半身全体を受け止め体圧を分散。肩だけではなく、首、腕への負担も和らげてくれるという構造なんです!

抱かれ枕

■さっそく一夜を共にしてみた結果

子どもが絶賛(笑)

「ふわふわしてて、くるまれてるみたいで寝やすい!」とのこと。

違うんだよ、それはママの何だよ・・・。と思いながらも、子どもがかなり満足しているようだったので、妻が試すことができず!私が少しだけ使ってみたところ、確かに、首、肩、腕の部分は支えられている感があって楽な感じがしました。

枕に悩んでいたり、起床時に体が痛かったりする方には、きっとお勧めなんでしょう!

とはいえ、一番重要な妻が試せていないので今回はとりあえずここまで。我が家の救世主になってくれることを祈ります・・・!

スポンサードリンク


かなりお世話になったアイテム!


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 体幹トレーニングで身体を知る!TAIKANZ(タイカンズ)のエクササイズプログラムに参加してきたよ!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る