自然豊かで癒される!東京ドーム約4個分の馬の町「馬事公苑」でピクニック!

休日にJRAが運営している「馬事公苑」に行ってきました!

150頭の馬が生活できる厩舎や、馬の診療所、馬の脚元をケアする装蹄の施設もあり、全体で1つの「馬の町」を形作っているということで、もちろん馬にもあえて子どもも大興奮!

自然も多く、お弁当を持ってピクニックも最高に良かったですね。

田舎育ちの自分としては「東京は自然が少ない!」と思っていましたが、ちゃんと施設として保っている場所もあり、自然と触れ合える機会もまだまだあるな!と思いました!

馬事公苑へ行く

■世田谷区用賀にある馬事公苑

場所は、小田急線「経堂」「千歳船橋」、田園都市線「桜新町」から徒歩15分~20分程度ということで、この日は歩いて馬事公苑まで行ってみました。また、渋谷駅、用賀駅、千歳船橋駅からはバスも出ているようです!

木のトンネルを抜けて馬事公苑へと入っていきます!

馬事公苑入口

■馬にも合える馬事公苑でピクニック!

必ず会えるというわけではないようですが、馬事公苑の中にある競技場や練習場では大きな馬を見ることができます!しかも、意外と近いところで見れるので子どもも喜んでくれました。また、騎手の方がこちらに気づくと近づいてきてくれたりするので本当に距離が近い!

写真だと伝わりにくいなぁ・・・。本物の馬って、本当に大きいのです!

馬事公苑_馬術競技場

馬事公苑_馬術競技場2

園内には、放牧場や遊具のある場所などもありますので、色々遊べるようですね。まぁ、なんといっても広さは東京ドーム約4個分ですから、無理のないように遊びましょう(笑)

ひとしきり馬の様子を楽しんだ後は、競技場の横にあった芝の上でお弁当を広げて昼食。本当に緑が多くて居心地良かったですねぇ。風が吹くと木陰でそのまま昼寝をしたいくらい気持ちよかったですよ。

家から近かったらもっと行きたい感じですね!

馬事公苑_広場3

▼持参のお弁当!

キャラ弁

ご飯のあとは、芝の上を走り回ったり、馬を見に行ったり、炎天下の中アイスを食べたりと公園を楽しんでからお昼寝・・・!かなり充実した日になったようです!

■夏場に気をつけたい3つの事!

夏場に最低限気をつけなくてはいけないことは、「日焼け止め」「帽子」「水分補給」の3つですね。

特に子ども用の日焼け止めは、重要。日焼け止めは山ほどあるんですが、強すぎちゃって逆に肌の弱い子どもは合わないことがあるんだとか。

そこで我が家では、天然由来成分のみで出来たナチュラルハウスの「サンカットミルクを使っています!肌をいたわりながら紫外線カットができるという便利なアイテム!

あわせて、帽子の準備もしていくのは必須ですね。

また、苑内には自販機をはじめ売店もあります。なので、飲み物不足になることは少ないかもしれませんが、ドリンクは持参しておくとよいと思います!

 

馬にもあえて自然の中で遊べる馬事公苑のご紹介でした!

■都内の緑のある公園レポート!

子どもが思う存分遊べる!新宿中央公園のちびっ子広場がお勧めすぎる!

暖かい日は最高かもしれない!原宿の「緑豊かな天空のカフェ」が子どもも楽しめて魅力的!

「子どもと一緒に」がテーマ。子連れのお花見と散歩は「新宿御苑」がお勧め!

スポンサードリンク


ご興味あれば下記の記事もどうぞ!

▼スポンサードリンク

関連記事

執筆者プロフィール

ナルミヤ・インターナショナルで子供服に携わり、その後AMNにてソーシャルメディアを勉強(2014年11月に卒業)。育児に仕事に、勉強中です!ブログを通じて、色々な方とお話しできると嬉しいです。ブログのプロフィールはこちら

※本ブログは個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

「日経DUAL」で連載

担当子ナビ

ピックアップ記事

  1. 家が落書きだらけにならないために!そして知っておくと便利な引っ越し情報サイトの引っ越さなくても使える情報について!(AD)

▼スポンサーリンク

「F」&「T」

Facebookページ
twitter

まとめ。

ママに読んでほしい記事
パパに読んでほしい記事
プレゼントをお探しの方

Amazonファミリー

ページ上部へ戻る